• NEWS

歴史的瞬間に立ち会え!『天気の子』公開初日に世界最速上映決定

2019年6月09日 10:00

『天気の子』の世界最速上映が決定! | [c]2019「天気の子」製作委員会

日本のみならず、いまや世界中から注目を集める新海誠監督が、興行収入250億円を突破した前作『君の名は。』(16)から3年ぶりとなる待望の最新作『天気の子』が7月19日(金)に公開を迎える。このたび、待望するファンからの「早く観たい!」という熱いメッセージを受け、公開初日の午前0時に上映を開始する「世界最速上映」が決定した。

「あの光の中に、行ってみたかった」。高1の夏に離島から家出し、東京にやってきた帆高。困窮する生活の果てにようやく見つけた仕事は怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。連日降り続ける雨のなか、都会の片隅で帆高は陽菜という少女に出会う。弟とふたりで明るくたくましく暮らす陽菜には、不思議な能力があった。「ねぇ、今から晴れるよ」。少しずつ雨が止み、美しく光りだす街並み。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった…。

運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語が描かれる本作。約2000人が参加したオーディションで見事その役を射止めた、醍醐虎汰朗と森 七菜のコンビが帆高と陽菜を演じ、さらに小栗旬、本田翼、倍賞千恵子、平泉成、梶裕貴などの豪華キャスト陣が本作に集結した。音楽は『君の名は。』で2017年日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞し、再タッグに熱い視線が集まるRADWIMPS。今作では、主題歌「愛にできることはまだあるかい」を含むボーカル楽曲5曲と、27曲の劇伴が作品を彩る。

最高の作品を届けるべく公開間際まで制作が行われ、公開前に試写会などが予定されていないため、公開初日の午前0時から上映を開始する世界最速上映のチケットは争奪戦必至。上映館は「TOHOシネマズ 新宿」「TOHOシネマズ 梅田」で、合計2000名のみ。鋭意制作中の新海監督も「この2年半、観客の皆さんに映画を手渡す日をただただ楽しみに、制作を続けてきました。ついに心待ちにしていた日です。『天気の子』を楽しんでいただけることを、心から願っています」とコメントを寄せ、一層の力を入れて本篇制作を続けているそうだ。世界最速上映チケットは「ローソンチケット」にて抽選販売され、応募期間は6月19日(水)正午~6月23日(日)23:59までとなる。

また、『天気の子』の公開を記念した『君の名は。』の放送が、テレビ朝日系で6月30日(日)の21時から行われることが決定。公開を前に、ますますの盛り上がりが起こることは間違いないだろう!

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「天気の子」製作委員会| [c]2016「君の名は。」製作委員会| [c]2019「きみと、波にのれたら」製作委員会| [c] 2019「天気の子」製作委員会| [c] 2016「君の名は。」製作委員会