• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 中村倫也、『アラジン』で山寺宏一との掛け合いに大喜び!スペシャルな一夜に生歌を披露
  • EVENT

中村倫也、『アラジン』で山寺宏一との掛け合いに大喜び!スペシャルな一夜に生歌を披露

2019年6月06日 21:58

「一番の楽しみは、山寺さんと声で掛け合いをすることだった」と告白!

ディズニーの名作アニメーションを実写化した『アラジン』(6月7日公開)のスペシャル・ナイトイベントが6月6日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、中村倫也(アラジン役)、山寺宏一(ジーニー役)、木下晴香(ジャスミン役)、北村一輝(ジャファー役)が登壇した。中村は「アラジンをやることになって一番の楽しみは、山寺さんと声で掛け合いをすることだった」と告白。山寺の歌唱に肩を組んで参戦したり、木下と名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生披露するなど、会場を大いに盛り上げた。

【写真を見る】ロマンチック!中村倫也&木下晴香、見つめ合って「ホール・ニュー・ワールド」を熱唱

本作は、人生を変えたいと願う貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンスと、願いを叶える魔法のランプを巡る冒険を描くエンタテインメント大作。日本での公開前夜となったこの日は、セリフだけでなく歌までを吹き替えた“プレミアム吹替え版”のキャストが集合。劇中でジーニーとアラジンが出会うシーンで歌われる「フレンド・ライク・ミー」が初披露されたほか、名曲「ホール・ニュー・ワールド」も歌われるなど、観客にとってまさにスペシャルな一夜となった。

中村倫也「贅沢な機会!」と大喜び

歌唱が終わると山寺は、「蒼井優ちゃんと電撃結婚したほうじゃない、山ちゃんでーす!」と叫び、会場も大爆笑。「じゃないほうでーす!」と強調しながら、「とても緊張しましたが、楽しかったです」と笑顔を見せていた。中村は「こんな贅沢な機会はそうない。『フレンド・ライク・ミー』もやることができて、ノリノリですごく楽しかった」と山寺とのコラボに大満足の表情だった。

ノリノリ!

中村と木下は見つめ合いながら、「ホール・ニュー・ワールド」の生歌を披露。中村は「ジャスミンの周りに見えない檻があったとして、そこから一歩出してあげるような曲。誘いながら、楽しいことを教えながら、最後はちょっとだけうっとりもしながら。そういった機微を作れたらと思って歌っています」と曲への想いを明かしていた。

身分違いのロマンスを演じた

また「小学校低学年の時にアニメ『アラジン』を観て、心躍らせた記憶がある」と振り返った中村。「今年33歳になるんですが、実写化されたものを観ても、純粋さや無垢さにハッとさせられた。あのころに感じていたものは、この歳になっても大事なものなんだと改めて思った」としみじみと語り、「僕が幼少期に感じたことを、皆さんにも感じてもらえたらうれしい」と呼びかけていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c] 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| © 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.