• NEWS

世界初!可愛い&癒し系にゃんこ映画が3Dで登場

2010年12月17日 12:00

こんな可愛いにゃんこたちがスクリーンから飛び出してくる! | [C]2010「ねこばん」製作委員会

3D元年と言われた2010年。『アバター』(09)が興行成績の世界記録を11年ぶりに更新し、日本の各劇場も次々と3D上映に対応、家庭にも3Dテレビが普及し始めた。まさに3Dの魅力に圧倒された1年だったことは間違いない。そんな中、遂に世界初の癒し系ネコ映画の3D『ねこばん3D とび出すにゃんこ』が誕生。2011年1月22日(土)からの公開が決定した。

本作は興行で大成功を収めた『ネコナデ』(08)、『幼獣マメシバ』(09)、『ねこタクシー』(10)につながる人気シリーズ最新作となり、10月から12月にかけてテレビ放送及びVOD配信された人気連続ドラマだ。視聴者よりスクリーンであのにゃんこたちに会いたい!という熱烈な要望に応えて映画化、そして3D上映が決定したのだ。

さらに本作は2D映像を3D編集したのではなく、全編3Dカメラを用いた完全フル3D映画。全国の劇場でも3D上映しか行わない、日本映画としては珍しい公開形態を取っている。3Dで飛び出してくるネコは、立体感にあふれ、毛の一本一本までもが立体的、本当に目の前にいるようで、思わず手を差し伸べたくなってしまうだろう。本作をひと足早く3Dで体感したネコマガジン「猫びより」副編集長からも「毛並みのふわふわ感は3Dならでは! 子ネコまみれの幸せなひと時を過ごせる映画です。次々と登場するキュートな子ネコたちはもちろん、強烈な存在感を放つデブネコ“たま”、愛嬌たっぷりの白黒ネコ“まるお”など、個性豊かなネコたちをたっぷり堪能させていただきました」と、満足度の高い感想も届いている。

もちろん、ネコだけでなく、主演の伊武雅刀もスクリーンから飛び出す! 伊武が演じる頑固おやじが、最初はネコに対して敵対心を持っていたものの、だんだんとネコに心を開いていく様子にはほっこりとさせられる。また伊武は王道なステテコを着用しており、にわかにブームになっているステテコで渋いオヤジが飛び出してくる姿も要チェックだ。【Movie Walker】

関連映画ニュース

[C]2010「ねこばん」製作委員会| [c]2012「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」製作委員会| [C]2012 レンタネコ製作委員会| [c]2011「マメシバ一郎」製作委員会| [c]2011「犬のおまわりさん」製作委員会| [c]2011「犬飼さんちの犬」製作委員会| [C]2010「犬とあなたの物語」製作委員会| [c]2010「ねこばん」製作委員会| [c]2010「ねこタクシー」製作委員会| [c] 2010「ねこタクシー」製作委員会