• GOSSIP

メラニア夫人、ビジネスもパーフェクトな着こなし!

2019年6月11日 20:15

メラニア夫人の訪英ファッションは? | 写真:SPLASH/アフロ

ドナルド・トランプ大統領と共に3日間の日程でイギリスを訪問したメラニア夫人は、1日に3着のお召し替えなど今回も様々なファッションで人々を楽しませてくれたが、ビジネスパーソンでもあるトランプ大統領の妻とあって、潤沢な資金をふんだんに使った高級ブランドのオンパレードだった。

グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、バーバリーとくれば、お次はセリーヌ。2日目、イギリスのメイ首相夫妻との会談に先立ち、首相夫妻との挨拶には、セリーヌのベージュのシンプルなトレンチドレスに黒いベルト、黒いマノロブラニクのクロコダイル素材のパンプス、同素材の黒い5万ポンド(約687万円)のエルメス・バーキン25と、ベージュと黒でシンプルに統一。ロイヤルファミリーが同席した前日とは打って変わったビジネスライクな出で立ちで挑み、しっかりとTPOをわきまえたファッションを披露した。

一方、同行していた義理の娘で大統領補佐官のイヴァンカ・トランプは、別の場所で行われたメイ首相を囲んだラウンドテーブルミーティングで、ダルメシアン柄のシアー素材ドレスを着用。袖がシアー素材のバーバリーのボウタイブラウスとプリーツの膝上丈のスカートは、合計で1700ポンド(約23万5000円)とイヴァンカにしては高くはないが、ビジネスミーティングで、フェミニンさを強調したシアー素材、しかもダルメシアン柄はあまり評判がよくなかったようで、「義母の方がTPOをわきまえている」「せめてストライプ、ダルメシアン柄はね…」「今回はメラニア夫人の圧勝」と、メラニア夫人に軍配が上がったようだ。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ