• NEWS

RADWIMPSの主題歌が夏を感じさせる!『天気の子』最新キャスト&予告映像が公開

2019年5月29日 4:00

小栗旬、本田翼、倍賞千恵子、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴ら6名の豪華キャストが集結 | [c] 2019「天気の子」製作委員会

2016年に公開され、世界興行収入350億円を突破したアニメーション映画『君の名は。』の監督である新海誠が3年ぶりに作りあげた最新作『天気の子』が7月19日(金)から公開される。このたび追加キャストとして、小栗旬、本田翼、倍賞千恵子、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴の6人が発表され、あわせて最新予告映像が公開された。

離島から家出し東京にやってきた高校1年生の帆高は、生活に困窮したため、怪しげなオカルト雑誌のライターを始める。帆高のこれからを示唆するかのように連日降り続ける雨だったが、帆高はある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女の陽菜と出会う。その少女には、祈るだけで空を晴れに出来る不思議な能力があった…。

このたび共演が発表された出演者は、『ゴジラVSコング(仮)』(2020年公開予定)でハリウッド進出が決定した実力派俳優の小栗旬。声優としても数々の作品に出演する小栗は、本作では小さな編集プロダクションを営み、東京行きのフェリーで出会った帆高を住み込みで雇うライターの須賀圭介を演じる。くわえて主演作に『アオハライド』(14)や『少女』(16)などをもち、最近ではYouTuberとしても活動する本田翼も出演。須賀の事務所で働き、持ち前の好奇心と探求心で取材に奔走する女子大生の夏美役を演じる。さらに「男はつらいよ」シリーズなど数々の名作に出演してきた大女優の倍賞千恵子が『ハウルの動く城』(04)のソフィー役以来に声優挑戦、帆高と陽菜にある頼みごとをする老婦人の冨美役で出演する。また、陽菜の弟である天野凪役に注目の若手女優である吉柳咲良、都内で起きた事件を追って須賀の事務所を訪れる老刑事の安井役に平泉成、安井の相棒の高井役に人気声優の梶裕貴が出演するなど、充実の布陣が本作をさらに盛り上げる。

あわせて公開された予告映像では、すでに発表された主題歌の「愛にできることはまだあるかい」に加え、新たな主題歌として「グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子」が初解禁。前作『君の名は。』で第40回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞したロックバンドのRADWIMPSと、ボーカリストとして参加する女優の三浦透子が夏らしい軽快な楽曲を披露する。「『天気の子』は、RADWIMPSの音楽、透子さんの歌声、醍醐くんや七菜ちゃん、小栗さんや翼さんたちの声、そして雨音、さまざまな音に満ちた映画です」という新海監督の言葉通り、音楽と映像のユニゾンが心地よく響き渡る。

前作よりもさらにパワーアップした叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出す“新海ワールド”に浸れるその日が待ち遠しい!


関連映画

関連映画ニュース