• GOSSIP

エスニック調やキュロットも!フェミニンなキャサリン妃流カジュアル

2019年5月25日 17:15

ファッショニスタのキャサリン妃、カジュアルスタイルもお手のもの | 写真:SPLASH/アフロ

遊び盛りの3児を抱えるキャサリン妃は、活動的なファッションもお手のもの。デニムやレギンスを履くことも多いが、フェミニンな装いでアクティブに過ごす姿も魅力的だ。かしこまった公務の時とは一味違う、キャサリン妃のカジュアルなお出かけスタイルを振り返ってみたい。

子どもたちとの活動的な外遊びでは…

ジョージ王子やシャーロット王女との外遊びを、教育上とても重要視しているキャサリン妃。今年はプロの造園家の協力を得て、子どもたちが楽しめる庭園作りへの挑戦で話題を集めている。キャサリン妃がデザインした“バック・トゥ・ネイチャー・ガーデン”は、王立園芸協会主催の「チェルシーフラワーショー」に出展されたばかりだ。

開催日前日に庭園をお披露目したキャサリン妃は、清楚な白のブラウスにカーキのロングキュロット、足元にホワイトスニーカーを合わせたさわやかな装いで登場。一見シンプルなコットンシャツは、英ブランド「M.I.H JEANS」のもの。フローラル・デザインのスカラップ刺繍がエレガントで、お値段は255ポンド(約3万5000円)だ。キュロットは 「ZARA」の系列店「Massimo Dutti」の品で、ベルト付きで何と69.95ポンド(約9700円)!イタリアのスニーカーブランド「SUPERGA」のホワイト・キャンバスも、65ポンド(約9000円)のお手頃価格だ。

子連れでの外出ワンピ

子どもたちを連れての外出は、しゃがんだり走ったりと大忙し!昨年6月、チャリティ・ポロの試合を子連れ観戦した時は、「ZARA」のコットン・ワンピースで登場したキャサリン妃。お値段は69.90ドル(約7700円)と、庶民的なカジュアルドレスだ。当日はかなり暑かったようだが、襟周りの大きく開いたデザインが涼しげで、キャサリン妃もリラックスムード。野原に直接腰を下ろしてくつろぐ様子や、子どもたちと思い切り駆け回る姿もキャッチされている。

前述の“バック・トゥ・ネイチャー・ガーデン”をSNSで披露した際も、キャサリン妃は手の届きやすい価格帯のドレスを着用。ルイ王子も交えた家族5人での外遊びに選んだワンピースは、小花柄にロングフレアが優しげな雰囲気だ。「H&M」の系列店「& Other Stories」の品とのことで、お値段は79ポンド(約1万1000円)と控えめ。シャーロット王女もよく似た小花柄ワンピでそろえて、母娘コーデも完璧だった。

エスニック調のふんわりワンピ

海外公務では、訪問先に合わせたエスニックテイストのワンピースを選ぶことも。2016年4月にブータンとインドを歴訪したキャサリン妃は、民族衣装風の鮮やかな服を数多く着用している。現地の子どもたちとスポーツを楽しむ場面では、ミントグリーンと赤のエスニック調ワンピを着てクリケットをプレイ。野生動物の保護で有名なカジランガ国立公園の訪問時は、同じくエスニック調のカジュアルなスモックワンピを着ている。この時は象やサイの赤ちゃんにミルクを与えたりと、炎天下で体力を使う公務だったようだ。

ロング丈のエスニック調ドレスは、訪問地インドのブランド「Anita Dongre」の品で304ドル(約3万3300円)。キュートなミディ丈のスモックワンピは、イギリスのカジュアルブランド「TOP SHOP」のもので、お値段は75ポンド(約1万円)だ。

レディライクな雰囲気をキープしたまま、アクティブに動き回れるキャサリン妃流カジュアル。休日スタイルの参考にしてみてはいかが?

UK在住/シャオ

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| 画像はKensington Palace(@kensingtonroyal)公式Twitterのスクリーンショット