• NEWS

池田エライザ主演の『貞子』に人気YouTuberの“水溜りボンド”が出演決定!

2019年5月23日 7:00

今度の呪いは撮ったら死ぬ…大ヒットJホラーの最新作がいよいよ明日公開! | [c] 2019「貞子」製作委員会

見ると1週間後に呪い殺されるという“呪いのビデオ”の恐怖を描いた「リング」シリーズの最新作『貞子』が、いよいよ明日5月24日(金)から公開される。ロックバンドの女王蜂が主題歌を担当することや、貞子の始球式登板イベントなど、盛り上がりを見せる本作から、このたび人気YouTuberである“水溜りボンド”の出演が発表され、現場写真が到着した。

池田エライザを主演に迎え、初代『リング』(98)の中田秀夫監督とスタッフが再結集し製作された本作。心理カウンセラーの茉優(池田)は、警察によって保護された一人の少女を担当することになるが、次第に彼女の周りで奇妙な出来事が起こりはじめる。いっぽう、動画クリエーターとなった茉優の弟、和真(清水尋也)は再生回数を伸ばすため、心霊動画を撮ろうと死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込む…。

【写真を見る】撮影中もリラックスした様子を見せる水溜りボンドのカンタとトミー | [c] 2019「貞子」製作委員会

このたび出演が発表された“水溜りボンド”は、大学のお笑いサークルで出会ったカンタとトミーがコンビを結成し、2015年にYouTubeに動画を初投稿。以降、都市伝説検証や実験、ドッキリなどの動画を毎日投稿することで幅広い年齢層から人気を集め、チャンネル登録者数が390万人以上となった人気YouTuber。

劇中では本人役として出演している2人。ほかのクリエイターが投稿した動画を再生中に異様なものが映り込んでいるのを発見し、貞子の呪いが動画投稿サイトに蔓延している様子を目の当たりにする恐怖を熱演する。

先日行われた豊洲PITでのトークイベントも大成功を収めた水溜りボンドの2人がついに映画に出演。そして2人が目の当たりにした恐怖が明日お目見えする!

関連映画

関連映画ニュース