• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • アニメ&演劇ファンから支持される『プロメア』脚本家、中島かずきの魅力とは?
  • INTERVIEW

アニメ&演劇ファンから支持される『プロメア』脚本家、中島かずきの魅力とは?

2019年5月26日 17:30

テレビアニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」の監督&脚本コンビによる完全新作の劇場版アニメーション『プロメア』(公開中)。本作の監督・今石洋之と共に注目を集め、多くのクリエイターが作品の執筆を望む脚本家、中島かずきの魅力はどんなどころにあるのだろうか?

高機動救命消防隊、バーニングレスキューの新人隊員で誰よりも態度が大きく熱いガロ・ティモス | [c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG

個性的なキャラとダイナミックなストーリー展開

前述した2作品のほか、TVシリーズ「仮面ライダーフォーゼ」でもメインライターを務めるなど、アニメ・特撮ファンにもその名を知られるようになった中島かずき。だがやはり、その名を知らしめたのは、1985年から加わり、現在も座付き作家として数々の作品を送り出す劇団☆新感線での仕事ぶりだ。

主人公だけでなく、脇役までもが一目見たら忘れられないような個性的なキャラクターや、それぞれのキャラクターのバックボーンにまで迫った感情移入しまくりの奥深い人間ドラマ、まるで観客をあざ笑うかのような劇的なストーリー展開など…。彼の作品の多くにはこういった要素が含まれ、エンターテイメント性にあふれている。

【写真を見る】バトル中に見栄を切るシーンも | [c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG

歌舞伎的な要素を取り入れた斬新な見せ方!

特に劇団☆新感線で彼が手掛ける“いのうえ歌舞伎”と呼ばれるシリーズは、神話や史実などをモチーフとしたケレン味を効かせた時代活劇もので、歌舞伎と名のつくように登場人物たちが見栄を切ったり、劇中で拍子木を鳴らして場面転換を行ったりと、歌舞伎的な要素が満載である。

そんな中島の手法は「天元突破グレンラガン」などでも健在。主人公シモンの兄貴分カミナが毎回、七五調の口上を言うさまはまさに歌舞伎的で、『プロメア』の主人公ガロ・ティモスが敵対するマッド・バーニッシュのリーダー、リオ・フォーティアとのバトル中に見栄を切ったりするのも、ファンからすればもはやお決まりといった感じで心地よくもある。

突然変異で誕生した炎を操る人種(バーニッシュ)の中でも攻撃的な集団マッドバーニッシュのリーダー、リオ・フォーティア | [c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG

本作では主人公のガロだけでなく、敵であるリオやガロの憧れの存在であるクレイ・フォーサイトといったキャラクターも一筋縄ではいかない存在であり、彼らが置かれている状況などが少しずつわかるにつれ、物語の世界観にグイグイと引き込まれてしまう。

また、ガロ役の松山ケンイチ、リオ役の早乙女太一、クレイ役の堺雅人がそれぞれ劇団☆新感線の舞台経験者であり、中島ならではのセリフ回しに慣れていたというのも大きい。本作はもちろん、劇団☆新感線や他のアニメ作品における中島かずきの仕事ぶりを、この機会に観比べてみるのもいいだろう。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース

[c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG| [c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG| [c]GAINAX・中島かずき/劇場版グレンラガン製作委員会| 撮影/MISUMI ヘアメイク/勇見 勝彦(THYMON Inc.、松山) 奥山信次、国府田雅子(早乙女) スタイリスト/五十嵐堂寿(松山) 平野彩 (早乙女)| [c] TRIGGER・中島かずき/XFLAG| [c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG