• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • “尻子玉”の抜き方が話題に!幾原邦彦監督に聞く、アニメ「さらざんまい」のこだわり
  • INTERVIEW

“尻子玉”の抜き方が話題に!幾原邦彦監督に聞く、アニメ「さらざんまい」のこだわり

2019年5月23日 23:00

なんだかよくわからないけど、すごいアニメが始まってしまった…!フジテレビ“ノイタミナ”にて放送中のテレビアニメ「さらざんまい」だ。1997年放送の「少女革命ウテナ」、2011年放送の「輪るピングドラム」、2015年放送の「ユリ熊嵐」などを手掛けた幾原邦彦監督の最新作で、毎週衝撃の映像体験が襲いかかってくる。

アニメーション監督・幾原邦彦が最新作「さらざんまい」の制作秘話を語る

「女性視聴者に『目が離せない』と思ってもらいたかった」

まず第1話が視聴者を驚かせた。一稀(かずき)、悠(とおい)、燕太(えんた)の中学生男子3人がカッパの姿になり、怪しげな姿をした敵“ゾンビ”と対峙する。「さらー」「さらー」「さらー」「さらざんまい!」と叫び、ゾンビの“尻子玉”を抜き取る。……本作を観ていない人にとってはこの文章を読んでも何がなんだかわからないかもしれないが、観た人も同じなので安心してほしい。

【写真を見る】少年がカッパに変身して“ゾンビ”の尻子玉を抜く!?衝撃のアニメ「さらざんまい」<写真19枚> | [c]イクニラッパー/シリコマンダーズ

「きっとみんな1話で驚くだろうと思っていました(笑)。だから、『これは一体なんなんだ?』という反応は、ある意味で予想通りではあります」

幾原はいたずらっぽく語る。尻子玉を抜き取るシーンは、スタッフとのミーティングに相当時間をかけたのだという。「尻子玉をどうやって抜くのか、長い時間をかけて『それっておもしろい?』『これ、何回も観たい?』といろいろな案を出して、最後にできたのがあのシーンでした」

そのように出来上がった尻子玉を抜くまでのシーンは、(物語の見せ場としてお決まりのように登場する)“バンクシーン”と言えるだろう。幾原作品の魅力としてこのバンクシーンの活用を挙げるファンは多い。「少女革命ウテナ」では決闘シーン、「輪るピングドラム」では“生存戦略”シーンなど、毎話“お約束”のように入ってきて、時折ズラしてくるバンクシーンが視聴者に鮮烈な印象を与える。「さらざんまい」のバンクシーンにも、コミカルなだけではなく、ちょっとした不気味さ、フェチっぽさ、耽美さがある。

物語の主人公、矢逆一稀がカッパに変身した姿 | [c]イクニラッパー/シリコマンダーズ

「やっている行為自体は、人のお尻から尻子玉を抜くというものなので、いわば『おぼっちゃまくん』や『クレヨンしんちゃん』のような男の子的なフィーリングなんです。でも女性の視聴者が観ても『目が離せない』と思ってもらいたかったので、女性スタッフの意見はすごく聞きました。尻子玉のシーンも、『これ、許容できる?僕はダメかもと思うんだけど』と聞いたら『イケる!』と返ってきて(笑)。『え、マジで?見たい?』『見たい!』と出来上がっていきました」

中学生2年生の一稀。元々はサッカー好きの明るい少年だったが、今は弟のためにご当地アイドル、吾妻サラの偽物を演じている | [c]イクニラッパー/シリコマンダーズ

幾原作品が女性から強く支持されるのは、女性クリエイターやスタッフの感性を積極的に取り入れているからかもしれない。「ウテナ」では少女漫画家のさいとうちほ、「ユリ熊嵐」では百合漫画家の森島明子をキャラクターデザインに起用している。「さらざんまい」の制作スタジオ、ラパントラックのスタッフは半分が女性だ。「スタッフのいろいろな感性が反映されています。男性キャラがかっこよく描かれているシーンは、女性スタッフのこだわりと熱気が詰まっています!」と幾原は語る。

■「さらざんまい」
フジテレビ:毎週木曜24:55~
関西テレビ:毎週木曜25:55~
ほかにて放送中
http://sarazanmai.com/#index

Netflix、Amazomプライムビデオほかにて
順次配信中

関連映画

関連映画ニュース

[c]イクニラッパー/シリコマンダーズ| [c]イクニラッパー/シリコマンダーズ |  (C)イクニラッパー/シリコマンダーズ| [c]カバネリ製作委員会