• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 松坂桃李「なんでもやります。コントもやる!」と宣言!本木監督は“時代劇を背負う男”と太鼓判
  • EVENT

松坂桃李「なんでもやります。コントもやる!」と宣言!本木監督は“時代劇を背負う男”と太鼓判

2019年5月17日 20:10

松坂桃李「何事も楽しんでやりたい!」とポジティブ発言

“平成で最も売れた時代小説シリーズ”として知られる佐伯泰英原作の「居眠り磐音」シリーズを実写映画化した『居眠り磐音』の初日舞台挨拶が5月17日に丸の内ピカデリーで開催され、松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督が登壇。バラエティ番組でコントに挑戦するなど、その“全力の姿勢”も人気の松坂だが、木村が「私にとってのヒーローは、松坂さん。バラエティ番組に出させていただいても、松坂さんと一緒だとすべてを完璧にやってくれる。こんなヒーローはほかにいない」と大絶賛。松坂は「なんでもやります。コントでもなんでも!何事も楽しんでやれればいいなという精神で取り組んでいます」とポジティブ発言で、会場の拍手を浴びた。

【写真を見る】松坂桃李、木村文乃、杉野遥亮も木槌を持ってニッコリ!鏡開きでお祝い<写真15枚>

本作は、ある哀しい事件により2人の幼馴染を失い、許嫁を残して脱藩した坂崎磐音(松坂)が、江戸で用心棒として働き始め、悪に立ち向かう姿を描く本格時代劇。松坂は「無事に初日を迎えられて、こうして皆さんと過ごせることを本当に幸せに思います」と感無量の面持ちを見せた。

本木監督は、京都のスタッフ陣が主演の松坂に信頼を寄せていたことを明かし「時代劇は主役がとても大事。主役が映画をちゃんと引っ張っていけるかどうか。京都の活動屋たちは『ようやくひとり発見できた。松坂くんだ』と言っていた。お忙しいとは思いますが、定期的に時代劇をやっていただきたい」とお願いすると、松坂も「もっともっと時代劇を盛り上げたいという想いにもなる。うれしい」と笑顔を弾けさせていた。

磐音という新たなヒーローがスクリーンに誕生するとあって、この日は「自分にとってのヒーローは?」との質問に答えることに。松坂は「父」とのことで、「磐音みたいにおっとりしている。声も小さい。でも僕や姉、妹がケンカしていると、ものすごい勢いで怒る。ちゃんとしたところに正してくれる」とまるで磐音のような父親だと明かす。

また柄本が「僕のヒーローは杉野さん」と告白するなか、隣にいた杉野は「松坂さん」と回答。「フラれた」と柄本が肩を落とすと会場も笑いに包まれていたが、杉野は「同じ作品に出させていただいても、さらに先を走っている。本当に優しくて、つたない僕をいつもフォローしてくれる。ヒーローです」と事務所の先輩でもある松坂に感謝しきり。松坂は「うちの事務所はそういう教育のもと、やっております」と満面の笑みで語り、会場の笑いを誘っていた。

『居眠り磐音』は公開中

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019映画「居眠り磐音」製作委員会| 撮影/黒羽政士