• EVENT

岡田准一と福士蒼汰、『ザ・ファブル』で「2人の夢が叶いました」

2019年5月13日 18:44

『ザ・ファブル』で共演した岡田准一、木村文乃、福士蒼汰

岡田准一主演映画『ザ・ファブル』(6月21公開)のレッドカーペットイベントが、5月13日に新宿モア4番街で開催。岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、 安田顕、佐藤浩市、木村了、江口カン監督が登壇した。岡田は「図書館戦争」シリーズでも共演した福士と戦うド派手なアクションシーンについて「いつか(2人で)戦う役がやりたいと福士くんが言ってくれていたので、ふたりの夢が叶いました」と福士と2人で喜び合った。

岡田が演じるのは、裏社会の殺し屋ファブル。ある日、ボス(佐藤浩市)から「1年間大阪に移住し、その間は誰も殺さず一般人として平和に暮らせ」と指示されたファブルは“佐藤明”という名前で、暴力団「真黒組」の庇護の下、一般人として生活し始める。

岡田は『ザ・ファブル』の魅力について「アクションと笑いです。江口監督がずっと、コメディ部分を撮りたいとおっしゃっていたので、誰もが笑えるエンタテインメントとなっています」と語ってから「アクションや原作がもつシビアな部分」も見どころだとアピール。

木村は本作の魅力について「皆さん、殺し屋がどういうお仕事かは言葉の雰囲気で知っていると思うんですが、それを映像としてわかりやすく教えてくれる映画かなと。とにかく映像がおもしろいので、ぐんぐん引き込まれて観ていただけるのではないかと」と言ったあとで「皆さんにもて遊ばれる柳楽さんがとても魅力的」と柳楽をプッシュ。

岡田もうなずき、柳楽について「羊の皮を被ったオオカミ。狂犬部分は映っているので、映画をぜひ観ていただきたい」と柳楽の熱演を称えた。

山本は「始まった瞬間、とてもおしゃれな作品だなと思って。女性の方にも観て楽しんでいただける作品になったのではないかと」と笑顔を見せた。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「ザ・ファブル」製作委員会| [c] 2019「ザ・ファブル」製作委員会| Photo by Collier Schorr [c] 2019「ザ・ファブル」製作委員会| [c]Marvel Studios 2019| [c] 「ザ・ファブル」製作委員会| [c]2019「来る」製作委員会