• TOP
  • ニュース
  • 東出昌大「連続ドラマW 悪党」で瀬々敬久監督と再タッグに「きつかった」と笑顔
  • INTERVIEW

東出昌大「連続ドラマW 悪党」で瀬々敬久監督と再タッグに「きつかった」と笑顔

2019年5月12日 20:00

「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」の東出昌大と瀬々敬久監督
「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」の東出昌大と瀬々敬久監督

映画も待機中の「コンフィデンスマンJP」で、コミカルな演技が好評を博した東出昌大。そんな彼が笑顔を封印して臨んだクライムサスペンス「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」が、5月12日(日)22時よりWOWOWプライムで放送がスタートする。本作を演出したのは『64-ロクヨン-前編/後編』(16)の瀬々敬久監督で、東出とは映画『菊とギロチン』(18)以来、2度目のタッグとなった。

原作は、薬丸岳の小説「悪党」。東出が演じるのは、幼いころに姉を殺された元警察官の探偵、佐伯修一役だ。探偵として、罪をつぐない出所した犯罪加害者の現状を調査していくなかで、佐伯は自らの過去とも向き合うこととなり、葛藤していく。瀬々監督は、同じく薬丸岳原作で、加害者側からの贖罪や葛藤を描いた『友罪』(18)も手掛けているが、本作では、被害者遺族側の苦悩を浮き彫りにしていく。

「東出くんは “コール&レスポンス”で起きる化学反応で演じていくタイプ」(瀬々監督)

「瀬々組の熱量がすごい」という東出昌大
「瀬々組の熱量がすごい」という東出昌大

東出は、「『菊とギロチン』の撮影時、熱量がすごかったので、もう1度瀬々組に入れることがとても楽しみでした」と気を引き締めて現場に入ったそう。「瀬々監督作には、『友罪』や『ヘヴンズ ストーリー』、『64』など、犯罪や運命に抗う人たちを描いたすばらしい作品がすでにあるので、今回、薬丸岳さんの原作ものを、再び瀬々監督とやらせていただくことにプレッシャーは感じました。でも、それはどの現場でもつきものだから、楽しんでやろうと飛び込んだ次第です」。

瀬々監督は、東出の‟受け身の演技“を高く評価する。「東出くんは自分がガーッと行くというよりは、 “コール&レスポンス”によって起きる化学反応で演じていくタイプ。彼はとても感受性が豊かだから、現場でおもしろい返しをしてくれます。今回、東出くんが演じる佐伯は、探偵で被害者遺族でもあるから、ほかの遺族たちと接して、他人の事件に感化されつつも成長していく役柄なので、彼にとても合っていると思いました」。

東出昌大の魅力を語った瀬々敬久監督
東出昌大の魅力を語った瀬々敬久監督

東出自身も「準備段階では、役の家族構成や職業などのバックグラウンド、その時々の心情などを考えますが、条件だけを抱えて現場へ行くと、それらをなぞるお芝居しかできないんです。だから、全部を叩き込んでは行くけれど、カメラの前ではすべてを忘れ、心を裸にして、相手の話を聞こうとしました」と、自身の役へのアプローチ方法について語る。

「実際に、犯罪被害者役の方々が、真摯に事件について話しているのを聞くと、本当に僕自身も苦しくなり、自然とリアクションも変わります。だから、自分でこうしてやろうとか、『受けの芝居を頑張ろう』というような思いはあまりなくて。特に今回の佐伯は、あまり自分を出さずに、人の話を聞くことが多い役だったので、自然とそうなりました」。

「瀬々組では、岸辺から荒れ狂う海に押し出されます」(東出)

屈託ない笑顔を見せる2人
屈託ない笑顔を見せる2人

東出が感じる瀬々組の魅力とはなんなのかを尋ねると、前作『菊とギロチン』の現場から振り返ってくれた。「例えば、アナーキストの役作りが必要な際に、監督が“アナーキスト勉強会”というものを開いてくれました。役作りの準備一つを取っても監督の思い入れの深さを感じたし、現場の熱量も相当すごかったです。きっと瀬々組に出演するキャストは、心をむき出しにしてお芝居をしようと、スタートラインに立つのではないかと」。

瀬々監督は「僕たちの仕事は、彼らが役として自然と存在できる環境を作ることが一番大切だと考えています。そういう意味では、やはり準備が大切で、最も丁寧にやりたいところです」と持論を述べる。「でも、演出に関しては違います。大島渚監督が以前インタビューで『どういう演出をされていますか?』と尋ねられて『俳優さんに演出をするなんていう失礼なことはできません。僕は大きな声で『用意スタート!』と声を掛けるだけです』と答えられていました。それがとても印象的で。僕もそうなりたいなと思っています」。

幼いころに姉を殺された元警察官の探偵、佐伯修一(東出昌大)
幼いころに姉を殺された元警察官の探偵、佐伯修一(東出昌大)[c]1996-2019 WOWOW INC.

監督の弁に驚きつつも、東出は瀬々監督の演出を航海に例える。「瀬々監督は俳優を大海原に送りだす時、『こういうふうに進んで、ここへ着いたら北にマストを変えて』といった細かい指示をするタイプではないです。荒れ狂う波を前に、岸辺からちょんと船体を押して海へ送り出すだけ。題材そのものが激しいので、監督も鬼気迫っているんです。『俺の用意した海はとにかく荒れ狂っているけど、お前たち、とにかく行ってこい!』と言われる感じだから、僕たち俳優部としては『よし、やったろう!』となるんです」。

「やはり辛いシーンをやれば辛い。それが瀬々組」(東出)

「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」5月12日にスタート(全6話) 、第1話無料放送
「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」5月12日にスタート(全6話) 、第1話無料放送[c]1996-2019 WOWOW INC.

今回も東出は、瀬々監督の期待に応え、嵐の海を航海した。全6話だが、被害者遺族である佐伯が回を追うごとに大きく心を揺さぶられ、やがて慟哭していく。瀬々監督は「特に印象的だったのは第6話。お芝居的には大変だったとは思いますが、そこは僕も見ていて、感じるものがすごくありました」と手応えを感じた様子。

東出は、全編を通して「いやあ、きつかったですね」と苦笑いする。「こういうふうに映っているだろうと、想像しながら演技をしたことはまったくなかったです。だから、第1話を観た時、あんなに何通りもカメラ位置が変わっていたのか!と驚きました。それだけ芝居を繰り返したということなので」。

探偵事務所の所長・木暮正人(松重豊)
探偵事務所の所長・木暮正人(松重豊)[c]1996-2019 WOWOW INC.

さらに東出は「打ち上げで、瀬々監督から『今回はどうだった?』と聞かれた時、『きつかったです。楽しくなかったです』と言ったら、監督がゲラゲラ笑いながら『お芝居が好き』なんて言う役者、俺は嫌いなんだよ。あんなことをやっていて、おもしろいわけないよな』と(笑)。やはり辛いシーンをやれば辛い。それは『菊とギロチン』の時も感じたことですが、これこそが瀬々組なんだと改めて思いました」と言いながら、監督と2人で爆笑する。彼らの屈託ない笑顔を見ただけで、いかに実りある作品になったのかが十分うかがえた。

取材・文/山崎 伸子

「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」5月12日(日)スタート(全6話) 第1話無料放送 毎週日曜 22時よりWOWOWプライムにて放送
番組特設サイト及びWOWOW公式YouTubeチャンネルにて第1話をまるごと無料配信
配信期間:5/12(日)23時~5/19(日)22時
原作:薬丸岳『悪党』(角川文庫) 
監督:瀬々敬久
出演:東出昌大、松重豊、新川優愛、青柳翔、蓮佛美沙子、板谷由夏ほか

関連映画

関連映画ニュース