• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 横浜流星が浅香航大が感極まってハグ!「このメンバーだったからこそ」チア男子は特別な仲間
  • EVENT

横浜流星が浅香航大が感極まってハグ!「このメンバーだったからこそ」チア男子は特別な仲間

2019年5月10日 21:06

映画『チア男子』初日舞台挨拶に登壇した横浜流星、中尾暢樹たち | ©朝井リョウ/集英社・LET'S GO BREAKERS PROJECT

「桐島、部活やめるってよ」で知られる直木賞作家・朝井リョウの原作を実写映画化した『チア男子‼︎』の初日舞台挨拶が5月10日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、横浜流星、中尾暢樹、浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、風間太樹監督、歌手の阿部真央が登壇。この日ついに公開初日を迎え喜びもひとしおのなか、チームの中で少し年上の浅香は撮影中に横浜が怪我をしたことを振り返り、「流星が涙を目にためている姿は忘れもしません。チア男子は特別な仲間」と感極まり横浜と抱き合った。

映画『チア男子』初日舞台挨拶に登壇した横浜流星らがくす玉割り! | ©朝井リョウ/集英社・LET'S GO BREAKERS PROJECT

本作は、実在する男子チアチーム “SHOCKERS”をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描いた感動青春ストーリー。道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が、ケガをきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)とともに男子チアチームの結成を目指す。

公開初日を迎え、主演を務めた横浜は「今日こうして無事に公開を迎えることができたことを幸せに思います」と話し、W主演を務めた中尾も「今回チア男子4か月間みんなとやっていたので、撮影が去年の9月頃だったんですけど、ようやく皆さんのもとにお届けできて嬉しい」と共に感無量の表情。瀬戸も「みんなで泊まりこんだり一緒にお風呂も入ったり、この映画では青春を味わわせてもらった」と仲を良さを覗かせた。

撮影中は、謎にラップが流行ったという話題になると、横浜は「俺は流星、彗星のごとくあらわれた流星、今日は快晴、みんなにチア男子観てもらいたいぜ♪」と快調にラップを披露。他のメンバーから「ここでわざわざやることでもない(笑)」と突っ込まれ笑いを誘うも、劇中では3か月を超える徹底的な練習で本格的なチアパフォーマンスを魅せているキャスト陣。本作はどんな作品になったかと聞かれると、チームの中で少し年上の浅香は「改めてこのメンバーであったからこそ、中尾暢樹がいて、そして横浜流星がいてくれて、本当に心からよかった」と力強く回答。

また撮影中に横浜が「満身創痍の中でチアの技を完成させて、いざ撮影の直前に怪我というアクシデントがあって一時撮影が中断して…」と振り返り、「彼はとても責任感が強くて真面目で熱い男なんですけど、普段はそういうのは全然出さない。一時撮影が中断になったわけですけど、流星が涙を目にためている姿は忘れもしません。それでも吹き替えなしでやりきりたいと。痛みがある中やりきった姿は本当にかっこよかった」と感極まり、横浜も「僕だけじゃなくて、浅香さんの存在はみんなにとってすごく心強い存在」と語り2人で力強く抱き合う姿も見られた。

最後は、横浜の「レッツゴー!」のかけ声で会場全員が「ブレイカーズ!」とレスポンス。公開を祝ってくす玉を割り、横浜とW主演となった中尾は「本当に僕の中で青春になった映画。青春はいつだったと聞かれたらこのチア男子の時だったと答える」と熱く作品をアピールし、終始チームの絆の深さが感じられる初日舞台挨拶となった。

取材・文/富塚 沙羅

関連映画

関連映画ニュース

©朝井リョウ/集英社・LET'S GO BREAKERS PROJECT| [c]2016映画「何者」製作委員会 [c]2012 朝井リョウ/新潮社| [c]2012「桐島」映画部 [c]朝井リョウ/集英社| 撮影/naoki tamenaga| [c]Cable News Network. All rights reserved.| [c]河野裕/新潮社 [c]2019 映画「いなくなれ、群⻘」製作委員会| [c]「2019 L・DK」製作委員会| [c]朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT