• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • あまりにも怖すぎてテレビを点けられない!『貞子』からテレビスポットが到着
  • NEWS

あまりにも怖すぎてテレビを点けられない!『貞子』からテレビスポットが到着

2019年5月10日 7:00

呪いの拡散はビデオテープからSNSに変化 | [c] 2019「貞子」製作委員会

見ると1週間後に呪い殺されるという“呪いのビデオ”の恐怖を描いた「リング」シリーズの最新作『貞子』が5月24日(金)から公開される。このたび、テレビスポットが到着した。

池田エライザを主演に迎え、初代『リング』(98)の中田秀夫監督とスタッフが再結集し、製作された本作。心理カウンセラーの茉優(池田)は、警察によって保護された一人の少女を担当することになるが、次第に彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める。いっぽう、動画クリエイターとなった茉優の弟、和真(清水尋也)は再生回数を伸ばすため、心霊動画を撮ろうと死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込む…。

到着したテレビスポットでは、ロックバンド・女王蜂によって現代風にアレンジされた『リング』の主題歌である「feels like“HEAVEN”」が恐怖を煽る“きっとくる編”と、井戸から這い出て迫る貞子と、その恐怖に巻き込まれた人間たちの絶叫の渦が脅威を予感させる“本当に怖い貞子編”が、貞子の進化を物語る。

平成に恐怖を拡散させた貞子は、令和でもさらに恐怖を拡散させる。進化を遂げた貞子の恐怖をぜひ劇場で体感してほしい!

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース

[c] 2019「貞子」製作委員会| [c] 2019「貞子」製作委員会| [c]2019「貞子」製作委員会| [c]2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. | [c]2019「貞子」製作委員会 | [c]2019「殺人鬼を飼う女」製作委員会