• EVENT

キンプリ永瀬廉、ドレスアップしたファン100名に「見惚れそう」

2019年5月07日 20:04

ファンの反応にショック!

累計発行部数110万部を超えるミステリー小説を映画化した『うちの執事が言うことには』(5月17日公開)の公開記念パーティが5月7日にアニヴェルセル豊洲で開催され、映画初主演を務めたKing & Princeの永瀬廉、清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)が出席。入り口で、キャスト陣が約100名のドレスアップしたファンをお出迎えするというサプライズを実施したが、突然の至近距離での触れ合いにファンは歓声もあげられないほど驚愕しきり。永瀬は「ドレスアップしてくださって。見惚れそう」と甘い言葉を投げつつも、「でも皆さん、反応が薄すぎません?『人気落ちたん?』って思われちゃう」と苦笑い。清原は「(お出迎えの後)2人がショックを受けていた」と明かし、会場の笑いを誘った。

本作は、上流階級の名家の御曹司である烏丸花穎(永瀬)と、仏頂面の新米執事、衣更月蒼馬(清原)が、烏丸家に降りかかる難事件に立ち向かっていく姿を描くミステリー・エンタテインメント。この日は、上流階級のパーティーさながらの雰囲気でイベントがスタートした。

名家の御曹司を演じた永瀬は「普段、僕らが生活しているようなものとはかけ離れている。執事がいたり。ベルを鳴らしても、普通は人が来ないですから。非日常的な生活を演じられるのが楽しみだった」と意気込みを語り、「人生初のリムジンが乗り心地がよくて。うらやましいなと思いました」と素直な感想を吐露。また劇中には、永瀬と神宮寺のハグシーンも盛り込まれており、永瀬が「めっちゃ照れてた」と神宮寺の撮影時の様子を暴露。神宮寺は「照れるよ、そりゃあ」とはにかみ、会場の歓声を浴びていた。

映画の内容にちなんだクイズを実施するひと幕も。残念ながら最下位となった永瀬は、罰ゲームとしてファンの前で上流階級の所作を披露することに。“スープを飲む”というマナーにチャレンジすることとなり、「マジか!」と困惑する永瀬だったが、「手が震える」と言いつつも、背筋を伸ばして丁寧にスープを口に運んでみせた。永瀬は「顔で迎えにいかない。手前から奥のほうにすくって、スプーンを口に持っていくというポイントがございます!」とご満悦の表情でアピールしていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「うちの執事が言うことには」製作委員会