• TOP
  • ニュース
  • 前田敦子、膝の靭帯負傷で舞台挨拶を欠席するも『町田くんの世界』の新人2人をアピール!
  • EVENT

前田敦子、膝の靭帯負傷で舞台挨拶を欠席するも『町田くんの世界』の新人2人をアピール!

2019年5月7日 19:58

『町田くんの世界』の主演に抜擢された新人、細田佳央太と関水渚
『町田くんの世界』の主演に抜擢された新人、細田佳央太と関水渚

『舟を編む』(13)で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む計6部門を受賞した、石井裕也監督最新作『町田くんの世界』(6月7日公開)のジャパンプレミアが、5月7日に有楽町マリオンで開催。細田佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、太賀、池松壮亮、北村有起哉、石井裕也監督がレッドカーペットを歩いた。登壇予定だった前田敦子は、昨日、自宅作業中に膝の靭帯を負傷したため、欠席となった。

ステージでは、出席できなかった前田のメッセージが代読された。「欠席という形になってしまい、大変申し訳ございません。今日という日を楽しみにしていたので、皆さんにお会いすることが叶わず、大変残念に思っています」と謝罪したあと、「この映画は主人公の2人にぜひ注目していただきたいです」と、新人の細田と関水の存在感を絶賛。

「撮影も青春を感じて毎日が甘酸っぱかったです。きっと皆さんも恋をしたくなると思いますので、ぜひ映画を楽しんでいただければと思います」と、不在ながらも、映画の見どころを語った。

主演は、演技経験がほぼゼロで、1000人超えのオーディションを見事勝ち抜いた細田佳央太と関水渚。運動も勉強も苦手で、見た目も地味だが、全人類を家族だと思っている町田くん役を細田が、町田くんを好きになるヒロインの猪原奈々役を関水が演じた。

細田は「とにかく一生懸命にやりました。町田くんの一生懸命さのエネルギーがどんどん広がり、そのエネルギーや強さを感じてもらえるとうれしいです」と気合を入れてアピール。関水は「私自身、初めてのお芝居でした。猪原さんと同じように、一生懸命お芝居をしたので、そこをぜひ観ていただきたいです」とキラキラした瞳で語った。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース