• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • ライアン・レイノルズ、ピカチュウ役は「まったく予期せぬこと」異常事態に確かな手応え
  • INTERVIEW

ライアン・レイノルズ、ピカチュウ役は「まったく予期せぬこと」異常事態に確かな手応え

2019年5月02日 19:00

ライアン・レイノルズ「自分の魂がピカチュウの中に入った」と確かな手応え!役者業の醍醐味も明かす

日本発の人気ゲーム「ポケットモンスター」をハリウッドで実写映画化する『名探偵ピカチュウ』が、いよいよスクリーンにお目見えする(5月3日公開)。ゲームやアニメでおなじみのポケモンたちが、現実世界を生き生きと走り回る姿に胸が踊る本作。なんといっても最大の注目はつぶらな瞳と“もふもふ”の毛並みを持つかわいすぎるピカチュウだが、その声を大ヒットシリーズ「デッドプール」で主演を務めるライアン・レイノルズが“おっさん声”で演じるというから驚きだ。来日したライアンを直撃すると、「ピカチュウ役に選ばれるなんて、まったく予期していなかったよ。EMOJIで表現したいくらい!クレイジーなことだよね」とニッコリ。「自分の魂がピカチュウの中に入った」というピカチュウ役の手応え。そして「子どもが生まれて、より楽しめるようになった」と明かす役者業の醍醐味など、たっぷりと語ってもらった。

来日したライアン・レイノルズ、ピカチュウと笑顔!

ピカチュウ役に抜てき!率直な感想は?

1996年にゲームボーイソフト「ポケットモンスター 赤・緑」が発売されて以来、テレビアニメや映画など様々なコンテンツで、世代を問わず人々を魅了してきた「ポケットモンスター」初の実写映画となる本作。「パシフィック・リム」「ダークナイト」シリーズなどのレジェンダリー・ピクチャーズが製作を手がけ、人間の言葉を話す名探偵ピカチュウと、相棒の青年ティムが事件に挑む姿を描く。ライアンがピカチュウの声だけでなく、モーション・キャプチャーも担当した。

【写真を見る】もふもふのピカチュウがかわいすぎる!ハリウッドが描くポケモンとは? | [C]2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [C]2018 Pokemon

ピカチュウ役のオファーを受けて、ライアンは「ものすごい驚きだったよ」と告白。「最初は『ほかにもっといい役者がいるんじゃないか』と心配した。でも『アニメやゲームにはないストーリーをやりたい』と聞いて、『やってみようかな』という気持ちになったんだ。さらにその後、CGで作られたピカチュウに、僕が演じたデッドプールの声を重ねた映像が送られてきて。人の言葉を話すピカチュウを見た時に『これならできるかもしれない、やってみたい』とピンと来たんだ」と心を動かされたそうだが、その映像を見た愛娘も「大はしゃぎだった!」という。「自分が出演している映画で娘と一緒に楽しめるなんていうのは、今回が初めて。すごくうれしいよ」。

生意気だけどどこか憎めない、まったく新しいピカチュウが誕生した。役作りについては「実は僕の兄は実際に探偵をやっているんだけれど、今回は特に『探偵だ』ということは意識しなかった」とのこと。「かわいらしい見た目なのに、話すとおじさん声で落ち着きがなくて、ちょっとした怒りが表に出てしまうことがある。僕もたまに落ち着きがなかったりすることがあるけれど、ピカチュウよりはずっと背が高いし、体毛もちょっと違うね。でも僕も今回のピカチュウと同じで、コーヒーが大好き」とお茶目に笑うが、本作のもう一つのサプライズはモーション・キャプチャーやフェイシャル・キャプチャーを使って、ライアンの動きがピカチュウに反映されていることだ。

ピカチュウの表情や動きも、ライアン・レイノルズの演技が反映されている | [C]2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [C]2018 Pokemon

「即興で演じることが得意」というライアンだけに、彼のアイデアや素の部分もふんだんに盛り込まれているという。「きっとロブ・レターマン監督は、僕のそんなところを求めて配役してくれたんだと思う。『デッドプール』でも少し、モーション・キャプチャーを経験したんだけれど、ここまで本格的なものは初めて。ものすごい高度な技術だね。顔の細かい動きまで、すべてピカチュウに反映されるんだ。表情、動きなど、すべてが入ったピカチュウを見た時には、自分の魂がピカチュウの中に入っているような気がしてすごくびっくりしたよ」。さらに「僕は子どもの頃に人を遠ざけた結果、その人が去ってしまって悲しい気持ちになったことがあったんだ。その当時を思い出して、ピカチュウのセリフを即興で作ったシーンもある。とても思い出深いシーンだよ」と胸の内まで、ピカチュウに反映させていったという。

デッドプール、ピカチュウ…新鮮な驚きに満ちたキャリア。役者業に感じる醍醐味を明かす

自身の公式YouTubeでは、ピカチュウの役作りについて茶目っ気たっぷりに吐露しているライアンだが、そこには妻で女優のブレイク・ライブリーも登場して夫をいじり倒している。「たまたまセットに来ていたブレイクに、『ちょっと出てみない?』ってお願いしたんだ。家族みんなでこのプロジェクトに携われたことを喜んでいるんだよ。公開初日には、家族みんなで観に行くつもりさ」と素顔はよき夫、よき父親で、家族ぐるみで映画のプロモーションを楽しんでしまうことからも、仕事の充実ぶりがうかがえる。

「デッドプール」シリーズで規格外のヒーロー像を打ちだして観客を熱狂させ、今度はピカチュウを演じてしまうなど、ライアンのキャリアは新鮮な驚きにあふれている。これまでの道のりを振り返ってみても、いま役者業の醍醐味をどのように感じているだろうか。「なぜだかわからないんだけれど、子どもが生まれてからより一層、演じるということが楽しめるようになったんだ。デッドプールを演じていてもすごく楽しいよ。まあ、あれは子どもは観ることができないんだけどね(笑)。アクションに挑んでいても、役を演じている間は痛みも一切、感じない。それくらい没頭できる瞬間があるということが、役者業の醍醐味だと思う。いまは誰もが携帯電話を握っているような時代だよね。そんな時代に、これだけ集中できることがあるというのはものすごく光栄なことだと思っているよ」。

インタビューに立ち会ったピカチュウさん

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[C]2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [C]2018 Pokemon| [c]2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [c]2018 Pokemon| [c]2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [c]2019 Pokémon.| [c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Pokémon| [c]原泰久/集英社 [c]2019映画「キングダム」製作委員会| [c]2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [c]2019 Pokemon| [c] 2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [c] 2019 Pokémon.| [c]2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (c)2018 Pokémon