• NEWS

「あなたが娘でよかった」篠原涼子が不器用な母を熱演!『今日も嫌がらせ弁当』感動の本予告

2019年4月24日 12:15

篠原涼子vs芳根京子のバトルが勃発!
篠原涼子vs芳根京子のバトルが勃発![c]2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

大人気ブログを書籍化し、累計発行部数20万部を記録したエッセイを実写映画化した『今日も嫌がらせ弁当』が、6月28日(金)より公開となる。篠原涼子、芳根京子が不器用な母娘を演じる本作から、待望の本予告映像が解禁された。

シングルマザーのかおりは、自然と人情が豊かな八丈島で、高校生の次女・双葉と暮らしている。可愛い娘がいまでは反抗期に突入し、話しかけても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するが、やがてそのお弁当は母から娘への大切なメッセージへと変わっていく。

解禁された映像の冒頭には、「あなたがそういう嫌な態度をとるなら、私もあなたが嫌がることをします」と宣言する母・かおりと、生意気な態度で何を聞いても返事すらせず、母に冷たい視線を送る反抗期真っ盛りの娘・双葉。娘が態度を改めるまで嫌がらせ弁当を作り続けると決意したかおりと、「残したら負け」と意地を張ってその弁当を食べ続ける双葉による、高校生活3年間に渡るバトルが幕を開ける。

木工用ボンドにさけ茶漬け、貞子、ダンディ坂野など、かおりが作るクオリティの高すぎるキャラ弁の数々に思わず「うっざ!!」と叫ぶ双葉。本作ではダンディ坂野のほかに、小島よしお、スギちゃん、日本エレキテル連合ら、キャラ弁の本人たちが声で出演を果たしている。

まさかの“お弁当役”にダンディ坂野は「キャラ芸人なので、色んなものにキャラクターで使ってもらうと嬉しいですよね。子どもに自慢したいと思います!」と話し「見どころ満載なので、是非楽しく観てちょんまゲッツ!!」とコメントを寄せた。

母娘の攻防戦が繰り広げられる一方で、女手ひとつで懸命に子育てをしてきたかおりが「思った通りにいかなくて、落ち込んでばかり」と弱音を吐く場面も。さらに後半では「何やっても無駄なんだよ!」と激昂する双葉に、愛の平手打ちをするかおりの姿が。主題歌を担当するフレンズの音源もあわせて解禁されたことで、“ムカつくけど愛おしい、それが家族”のナレーションとともに、どんなに喧嘩をしても娘への愛情が変わらない母の想いが溢れ出す映像となっている。

予告の公開にあわせて本ポスタービジュアルも到着。これまでのビジュアルに「生意気でも、反抗期でも、あなたが娘でよかった。」というコピーが加えられ、予告映像でも描かれた、不器用な母から娘への強い愛情を感じさせるものに仕上がっている。本作でどのような感動の物語が展開されるのか、予告の解禁でますます期待は高まるばかりだ。

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース