• TOP
  • ニュース
  • 前田敦子が“幻の怪魚”を追ってウズベキスタンへ!『旅のおわり世界のはじまり』予告編&場面写真
  • NEWS

前田敦子が“幻の怪魚”を追ってウズベキスタンへ!『旅のおわり世界のはじまり』予告編&場面写真

2019年4月23日 07:00

異国情緒をかもしだすウズベキスタンで、前田敦子が躍動!
異国情緒をかもしだすウズベキスタンで、前田敦子が躍動![c] 2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

国内外で高い評価を集める映画監督の黒沢清が、前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生を迎え、オール・ウズベキスタンロケで描く『旅のおわり世界のはじまり』が6月14日(金)から公開される。このたび、予告編と場面写真が到着した。

本作は、“舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビ番組リポーターの葉子(前田敦子)が、“幻の怪魚”を取材するため番組のクルー(加瀬亮、染谷将太、柄本時生)とともにウズベキスタンを訪れる物語。異国での様々な出会いによって、葉子が新しい扉をひらき、成長していく姿を描く。

到着した予告編では、異国の地で葉子がとまどい、怯えながらも、まるで自分の心の居場所を探すかのように走りまわる姿が印象的に映し出される。ラストに大きく映る葉子の表情が意味するものは…。同じく到着した場面写真では、雄大なシルクロードの草原や美しい湖と山脈、ホコリっぽい街角、バザールといった風景のなかで右往左往する葉子とクルーの姿が切り取られている。

異国情緒をかもしだす美しいウズベキスタンの風景がスクリーンいっぱいに広がり、まるで前田敦子と一緒に旅をしているように錯覚させる本作を、ぜひ劇場でご覧いただきたい。

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース