• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 「るろうに剣心」最終章2部作が2020年夏に公開決定!「剣心にとって一番重要なエピソード」
  • NEWS

「るろうに剣心」最終章2部作が2020年夏に公開決定!「剣心にとって一番重要なエピソード」

2019年4月12日 6:00

鋭意撮影中の最終章から、世界初公開のビジュアルが到着! | [c]2020「るろうに剣心」最終章 製作委員会

2012年に第1作が公開され、2014年には第2作と第3作が連続公開。シリーズ累計興行収入125億円以上・観客動員数980万人を突破した、日本映画界屈指のアクション大作「るろうに剣心」シリーズ。このたびついに、本シリーズ最終章となる2部作が2020年夏に連続公開されることが決定した。

かつて“人斬り抜刀斎”と恐れられたが、新時代の幕開けと共に斬れない刀“逆刃刀”で大切な仲間たちと穏やかな生活を送る伝説の男、緋村剣心の姿を描いた、和月伸宏の大ヒットコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を実写映画化した本シリーズ。最終章では原作の最終章にあたる<人誅編>をベースに、これまで語られることのなかった剣心の“十字傷の謎”に迫る物語と、シリーズ最恐の敵・縁との戦いを、動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代で描かれるとのこと。

幕末から明治へと移り変わる劇中と同様に、「平成」から「令和」という新しい時代へと突入するタイミングで公開が発表された最終章。これまでの作品に引き続き、剣心を演じる佐藤健は最終章について「どの作品も全力で演じていますが『るろうに剣心』に関しては特別な想いがあります」と述べ「剣心にとって、間違いなく一番重要なエピソードです」とコメント。

そして「クランクインの日には久しぶりに剣心を演じること、大友組ならではの大規模撮影の雰囲気など、すべてにおいてソワソワしていました」と笑顔で振り返り「みなさんに楽しんでいただける作品になるように、そして自分にとって人生の代表作にするつもりで最後まで演じきりたいと思います」と強い意気込みをあらわにした。

また、メガホンを取る大友啓史監督も「続編を製作するなら“絶対に前作を超えなければならない。新しく驚きに満ちた『るろうに剣心』でなければならない”と考えていました」と、並々ならぬ想いを持って本作に臨んでいることを明らかに。そして「今回描く物語は、ファンの方が一番大事にしているエピソードだと思います。最終章は気合を入れ直し、いま全身全霊で挑んでいます」と語った。

これまでのシリーズ全てを手掛けてきたスタッフたちが再集結したこの最終章は、昨年11月にクランクインを迎え、今年の5月にクランクアップ予定。佐藤以外のキャスティングについてはまだ発表されておらず、前作を上回る豪華キャストの出演に期待が集まるところだ。続報を楽しみに待ちたい!

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]2020「るろうに剣心」最終章 製作委員会| [c]和月伸宏/集英社 [c]2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会| [c]和月伸宏/集英社 [c]2012「るろうに剣心」製作委員会