• NEWS

新海誠×RADWIMPSの再タッグが決定!『天気の子』本篇映像がついにお目見え

2019年4月10日 4:00

日本国内歴代4位となる興行収入250.3億円の大ヒットを記録した『君の名は。』(16)の新海誠監督が3年ぶりに手掛ける最新作『天気の子』(7月19日公開)の予告映像がついに解禁。本作の劇中に流れるすべての音楽をRADWIMPSが担当することが明らかになった。

『天気の子』は7月19日(金)公開! | [c]2019「天気の子」製作委員会

本作は天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択していく物語。離島から家出し東京へとやってきた高校生の帆高は、都会の片隅で不思議な力を持つ少女・陽菜に出会う。その力とは、祈るだけで空を晴れにできるものだった…。

このたび解禁された予告映像では、これまでベールに包まれていた本篇シーンの一部がついにお目見え。新海監督自らが編集を担当したこの映像の中では、空や雨など美しく繊細に描かれる“新海ワールド”に、RADWIMPSが歌う主題歌「愛にできることはまだあるかい」の詩とメロディーが優しく彩りを加えていく。

新海監督がRADWIMPSにオファーしたのは一昨年の8月ごろ。それから両者は前作と同様に脚本段階から緻密なミーティングを重ね、現在もなお妥協のない作業が繰り返されているとのこと。『君の名は。』では「前前前世」や「なんでもないや」をはじめ4曲が使用されたが、本作でも劇中の大切なシーンで書き下ろしのボーカル曲など複数の曲が使われる予定となっている。

【写真を見る】全世界が注目する、圧巻の“新海ワールド”がついに… | [c]2019「天気の子」製作委員会

日本のみならず世界規模で社会現象を巻き起こした『君の名は。』は、アニメ界のアカデミー賞といわれる第44回アニー賞で2部門にノミネートされたほか、『(500)日のサマー』(09)や『gifted/ギフテッド』(17)のマーク・ウェブ監督の手によってハリウッドで実写リメイクされることも決定している。新海監督とRADWIMPSのコラボレーションが再び実現した本作もまた、世界中から大きな注目を集めることは間違いないだろう。その全貌が明らかになる瞬間を、期待して待ちたい。


関連映画

関連映画ニュース

[c]2019「天気の子」製作委員会| [c] 2016「君の名は。」製作委員会| [c] 2019 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!ムービー| [c]2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. [c]2018 Pokémon