• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 中村倫也&木下晴香が実写版『アラジン』で「ホール・ニュー・ワールド」を歌い上げる!
  • NEWS

中村倫也&木下晴香が実写版『アラジン』で「ホール・ニュー・ワールド」を歌い上げる!

2019年4月10日 4:00

名曲「ホール・ニュー・ワールド」の歌唱も息ピッタリ!

映画史に残る珠玉の名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生んだ名作が、想像を超えた空前のスケールで実写映画化される『アラジン』(6月7日公開)。このたび、プレミアム吹替版声優として、主人公アラジン役を中村倫也、王女ジャスミン役を木下晴香がつとめることが分かった。

本作では、吹替キャストが台詞だけではなく歌まで完全に吹替える“プレミアム吹替版”が公開される。参加キャストとして、アニメーション版でも同役を演じた山寺宏一がジーニー役を務めることが先日明らかになり、多くのファンが歓喜の声を上げたばかり。

幅広い演技で見せる顔が多くの人を惹きつけてやまない中村は、貧しい青年から王子まで様々な顔を見せ、街の人々や魔人、王女まで惹きつけるアラジンと重なり、確かな演技力でアラジンの魅力を最大限に引き出してくれるに違いない。また、若干20歳ながらミュージカルの大舞台でメインキャストをつとめる木下は、ジャスミンと同様に自立心と好奇心、そして気品にあふれた雰囲気を持っており、はまり役になると期待できそう。2人の「ホール・ニュー・ワールド」の歌声は、最高にロマンチックなシーンに流れる甘いアラジンの歌声と、初めての自由な旅を満喫するジャスミンの伸びやかな歌声がぴたりとはまったため、最終的な決め手となったそう。

吹替キャストとして既にジーニー役山寺宏一も発表されている | [c]2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

吹替え初参加となる作品が、『アラジン』になったことについて木下は、「すごくうれしいです。数あるディズニーの作品の中でも本当に大好きな作品の一つで、まだどこか信じられていない自分がいるのに、ここにいるこの状態…」と、『アラジン』のテーマとなる“願い”にかけて、「思い続ければ願いは叶う!」とうれしさを爆発させた。また中村は、「ホール・ニュー・ワールド」のシーンについて「自分が携わる仕事で感じたことのない感動があり、珍しく鳥肌が立ちました。アラジンはジャスミンを誘って、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる。そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹き替えをしました」と、特別な思いを語ってくれた。

アラジン、ジャスミン、そしてジーニーによるすばらしいアンサンブルが夢と希望を紡ぐ実写映画『アラジン』。プレミアム吹替版にも期待ができそうだ!

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.|  [c] 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| © 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c]ウォルト・ディズニー・ジャパン| [c] 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c]2018吉本興業| [c]2019『⻑いお別れ』製作委員会| [c]2018DisneyEnterprises,Inc.AllRightsReserved.