• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • ガガ様の名曲に岡田准一も“普通”じゃいられない⁉『ザ・ファブル』主題歌決定&最新予告映像公開
  • NEWS

ガガ様の名曲に岡田准一も“普通”じゃいられない⁉『ザ・ファブル』主題歌決定&最新予告映像公開

2019年4月08日 8:00

レディー・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」が主題歌に決定!『ザ・ファブル』主題歌決定&最新予告映像公開 | Photo by Collier Schorr [c] 2019「ザ・ファブル」製作委員会

岡田准一を主演に迎え、「週刊ヤングマガジン」で連載中の人気同名コミックを実写映画化した『ザ・ファブル』が6月21日(金)から全国公開される。このたび、本作の主題歌に世界的アーティストのレディー・ガガが歌う代表曲「ボーン・ディス・ウェイ」が使用されることが決定し、あわせて最新予告映像が公開となった。

裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋 、ファブル。彼の次なる指令は「1年間、一般人として“普通”に暮らすこと」だった。相棒のヨウコ(木村文乃)と “普通”の生活を始めるなか、ファブルの前に命をねらうものや、助けを求めるものが次々と現れる。はたして、ファブルは無事に指令を遂行することができるのか…。

本作の主題歌として発表された楽曲は、3枚目のアルバム「ボーン・ディス・ウェイ」のタイトルトラックで、レディー・ガガが日本映画に楽曲を提供するのは初となる。「“あなたの人生はそのままですばらしい”という強いメッセージを放つこの曲は、特殊な環境の中で必死に生きる主人公のファブルをはじめ、様々な事情を抱えるすべてのキャラクターたちの人生を肯定してくれる内容になっており、映画の世界観とも合致する」というプロデューサーを含む製作陣の総意により、楽曲の使用を熱望。楽曲使用の依頼が世界中から殺到しているレディー・ガガとの粘り強い交渉の末、異例のコラボレーションが実現した。

さらに、楽曲が使用された最新予告映像も公開され、殺し屋としての人生しか知らなかったファブルが、一般人の女性ミサキ(山本美月)と出会ったことで、初めて自分から誰かを助けたいと決意する姿が描かれている。ファブルがミサキの救出に挑む姿と超絶アクションが見事にマッチし、本作のテンションをさらにアゲるものとなっている。

福士蒼汰、向井理、柳楽優弥に佐藤浩市など豪華キャストが共演が話題を呼ぶ本作に、『アリー/スター誕生』(18)など、女優としての活躍も目覚ましい世界的アーティストのレディー・ガガの主題歌が相まって魅力をグッと引き立てる。 さらに盛り上がりを見せる今作をぜひ劇場でご覧いただきたい!

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース

Photo by Collier Schorr [c] 2019「ザ・ファブル」製作委員会| [c] 2019「ザ・ファブル」製作委員会| [c]2019「ザ・ファブル」製作委員会| [c]Marvel Studios 2019| [c] 「ザ・ファブル」製作委員会| [c]2019「来る」製作委員会