• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 松坂桃李『居眠り磐音』公開に向けて感謝!原作者は松坂に捧げる短編の執筆を発表
  • EVENT

松坂桃李『居眠り磐音』公開に向けて感謝!原作者は松坂に捧げる短編の執筆を発表

2019年4月04日 19:44

「皆様の応援と支えにより、無事公開します!」と感謝を述べた

全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英の時代小説を映画化した『居眠り磐音』(5月17日公開)のプレミアイベントが4月4日に有楽町朝日ホールで開催され、松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督、原作者の佐伯泰英が登壇。麻薬取締法違反罪で起訴されたピエール瀧被告の事件を受け、奥田瑛二が代役を務め、撮り直し作業に入っている本作。この日は10分ほどの特別映像が流された。松坂は「本編をお届けできないなかこうやって集まっていただき、本当にありがとうございます。皆様の応援と支えにより、無事公開します」と熱っぽく感謝の気持ちを述べた。

本作は、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、許嫁を残して脱藩した坂崎磐音(松坂)が、江戸で用心棒として働き始め、悪に立ち向かう姿を描く本格時代劇。本木監督は「思わぬことでご心配をかけることになってしまった。再撮影の目処もたち、なんとかギリギリに仕上げて、さらにアップグレードして皆さんにお届けできるように撮影と仕上げをしていきたい」と奮起し、「奥田瑛二さんに心より感謝申し上げますと共に、あの件の直後に何人も俳優さんが『自分でよければやるよ』と言ってくださったことにも感謝したい」と頭を下げた。

また原作者の佐伯も駆けつけ、「事件を受けて一部のマスメディアでは、いち出演者と作品は別物という意見がしきりに取りざたされている。映画の製作には、それぞれの作品ごとに異なった作風、製作事情がある。諸々の要因を考えて、個々の判断があってしかるべきかと考えている」とコメント。「完成へと再び力を振り絞る姿を見て、必ずいい作品に仕上がると確信しました。勇気ある再撮影の決断とスタッフの再挑戦を、全面的に支持する」と力強く語った。

松坂は「また改めて勇気、強い気持ちが湧き上がってきた」と佐伯の言葉を胸に刻んでいたが、佐伯は「主人公像に新鮮な演技で挑戦してくれた」と松坂の演技を絶賛するひと幕もあった。

ステージでは、佐伯が書き下ろしの小説を執筆し、それを収録した豪華特別文庫が、入場者特典として5月17日より全国の上映劇場で数量限定で配布されることが発表された。佐伯は「京都で(松坂の)演技をみていたときに、ふっと頭に浮かんだ」と明かし、「短編を君に捧げます」と松坂にメッセージ。松坂は目を丸くして、「すごい楽しみです」と感動しきりだった。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019映画「居眠り磐音」製作委員会