• TOP
  • 映画ニュース
  • よこがお
  • 「すべてを雄弁に物語っている」深田晃司監督の最新作『よこがお』ポスタービジュアルが完成
  • NEWS

「すべてを雄弁に物語っている」深田晃司監督の最新作『よこがお』ポスタービジュアルが完成

2019年4月3日 11:00

深田晃司監督の最新作『よこがお』の公開日が7月26日(金)に決定
深田晃司監督の最新作『よこがお』の公開日が7月26日(金)に決定[c]2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

『淵に立つ』(16)で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞するなど、世界中から注目される若き鬼才、深田晃司監督がオリジナル脚本で描きだす渾身の最新作『よこがお』の公開日が7月26日(金)に決定。このたび本作のポスタービジュアルが解禁された。

本作は「無実の加害者」として生きる女性の絶望と希望を描きだしたヒューマンサスペンス。訪問看護師として働く市子は、訪問先の大石家で起きたある事件の犯人との関与を疑われ、それまで築き上げてきた生活のすべてが崩れていく。すべてを失った彼女は葛藤の末、自らの運命へ復讐するように“リサ”という女性に成り代わり、ある男の前に現れることに。

このたび解禁されたポスタービジュアルでは、「演技者としての天才的なセンスを持つ」と深田監督が絶賛する女優、筒井真理子が演じる、市子/リサという異なる2つの横顔を持つヒロインと、彼女の運命を握る恐ろしくも愛おしい“闖入者”、市川実日子演じる基子と池松壮亮演じる和道の姿が、どこか不穏な雰囲気が漂うなかで描かれている。

本作の“よこがお”というタイトルに込められた「一度には見ることのできない人間の複雑な多様性を描きたかった」という深田監督の想いを象徴するかのような筒井の横顔に、深田監督は「『よこがお』のすべてを雄弁に物語っている」と絶賛。果たして彼女にどんなドラマが待ち受けているのだろうか。その衝撃の物語を、是非とも劇場で目撃してほしい。

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース