『ハリー・ポッター』最終章でロンたちが舞台挨拶。イヴァナの超ミニにドキッ! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/11/19 19:49

『ハリー・ポッター』最終章でロンたちが舞台挨拶。イヴァナの超ミニにドキッ!

人気映画シリーズ最終章の前編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が11月19日に初日を迎え、来日したロン役のルパート・グリント、ロンの妹ジニー役のボニー・ライト、ルーナ役のイヴァナ・リンチによる舞台挨拶が丸の内ピカデリー1で開催された。中でもイヴァナは、超ミニのワンピースで登場し、会場の視線をくぎ付けにした。

宿敵ヴォルデモートとの戦いもいよいよ佳境に入る最終章。PART1では、ハリー、ロン、ハーマイオニーたち3人が、ヴォルデモート抹殺の鍵となる“分霊箱”を探す旅に出て、友情の絆を試される。本作は、深い人間ドラマが描かれたダークファンタジーになっている点にご注目。

登壇した3人は、最終章を迎えた今の感想をこう語った。10年間ロン役に扮してきたルパートは「長い間演じてきたから、今回終わるのが不思議で、信じられない気分だった。でも、『ハリー・ポッターと死の秘宝』のPART1とPART2は、シリーズ史上最高の作品になっているよ」と、本作のクオリティーの高さをアピール。ボニーも「今まで素晴らしい旅をしてきて、とても楽しかったわ」と振り返ると、イヴァナは「『ハリー・ポッター』は、小さい頃からシリーズのファンで、関わってから4年になるの。でも、まだシリーズは終わらないと思う。だってファンのみなさんは熱狂的だし、築いた友情は続いていくから」と笑顔で語った。

さらに3人は本作をアピール。ルパートは「もしかすると、今までの作品とあまりにも違うから、『ハリー・ポッター』シリーズと違うんじゃないかと思われるかも。僕たちが危険をはらんだ任務に出るのが見どころだよ。また、人物像も変質的になったり、怒りをあらわにしたりするし。僕も今までにない演技をしたので、楽しみにして」とアピール。ボニーも「田園風景がいっぱい出てくるわ。デビッド・イェーツ監督は新鮮な物を作りたいってことで、勇気ある決断をしたの」と語り、イヴァナも続けて「今回、ハリーたちは安全な場所にいないの。それに、今までは最後に(事件などが)解決して終わっていたけど、今回はそうではないから」と意味深発言。

マスコミの評判は上々だった本作。後は、これまでのポッタリアンたちが、ダークで重厚な仕上がりの『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』をどう受け止めるかが楽しみだ。いずれにしても、最強ファンタジー・シリーズのフィナーレを飾る2作品は、ぜひ劇場で見届けたい。【Movie Walker/山崎伸子】

関連作品