• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優が三兄妹に!一夜の事件が家族を変える…白石和彌監督の最新作『ひとよ』
  • NEWS

佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優が三兄妹に!一夜の事件が家族を変える…白石和彌監督の最新作『ひとよ』

2019年3月29日 5:00

家族の絆と究極の愛のかたちを問いかける『ひとよ』に豪華キャスト陣が集結! | [c] 2019「ひとよ」製作委員会

第64回文化庁芸術祭・演劇部門新人賞を受賞し、第70回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞するなど、今注目の劇作家・桑原裕子。その桑原が率いる劇団KAKUTAの代表舞台作品『ひとよ』が実写化され、今秋から全国公開が決定。あわせて、本作に出演する豪華キャスト陣が発表された。

第18回鶴屋南北戯曲賞受賞の戯曲を原作にした本作は、15年前、ある家族に起きた一夜の事件をきっかけに、三兄妹とその母の運命を大きく狂わせる。事件に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会した家族は、葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうとする。抗うことのできなかった家族の岐路と15年越しに向き合う一家が辿り着く先とは…。

主演には『何者』(16)や『いぬやしき』(18)など、話題作への出演が続く実力派俳優の佐藤健を迎え、15年前の事件のために、家族と距離をおいてフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じる。さらに、三兄妹で唯一、家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男の大樹を、『俺物語!!』(15)で主役を務め、『燃えよ剣』(20年公開予定)などへの出演が決定している鈴木亮平。また、大事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる園子を『勝手にふるえてろ』(17)や『万引き家族』(18)の松岡茉優が演じる。そして、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす母・こはるを『はじまりのみち』(13)など、“日本のお母さん”として存在感を放つ、名優・田中裕子が演じるなど、人気と実力を兼ね備えた俳優陣が、本作をより味わい深いものにする。

加えて、本作は『凶悪』(13)を送り出して以降、『日本で一番悪い奴ら』(16)や『孤狼の血』(18)など、毎年のように国内賞レースを席巻し、俳優たちから厚い信頼を寄せる映画監督のひとり、白石和彌が務める。

本作は5月よりクランクイン予定。『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)や香取慎吾主演の『凪待ち』(19年公開)が公開を控えるなど、次々と衝撃作を送り出す白石監督と日本映画界きっての豪華キャスト陣が集結し、家族の再生を描く本作の公開をぜひ心待ちにしたい!

関連映画

関連映画ニュース

[c] 2019「ひとよ」製作委員会| [c]2020 「燃えよ剣」製作委員会| [c]2018「凪待ち」FILM PARTNERS| [c]2019「麻雀放浪記2020」製作委員会| [c]2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.| [c]2016映画「何者」製作委員会 [c]2012 朝井リョウ/新潮社| [c]2018「孤狼の血」製作委員会| [c]2018 若松プロダクション| 撮影/黒羽政士| [c]2018若松プロダクション| [c]2018「サニー/32」製作委員会| [c]2018『サニー/32』製作委員会