• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 松山ケンイチ、早乙女太一とAnimeJapanに参戦!「『グレンラガン』に勇気もらってた」と告白
  • EVENT

松山ケンイチ、早乙女太一とAnimeJapanに参戦!「『グレンラガン』に勇気もらってた」と告白

2019年3月24日 16:18

松山ケンイチ、AnimeJapan参戦でアニメ愛が炸裂!

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を手がけた今石洋之監督、中島かずき脚本による完全オリジナルアニメーション映画『プロメア』(5月24日公開)のステージイベントが3月24日、東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2019」にて行われ、佐倉綾音(アイナ役)、稲田徹(バリス役)、今石監督、脚本の中島が出席。松山ケンイチ(ガロ役)と早乙女太一(リオ役)がサプライズで登場し、会場を驚かせた。

本作は、突然変異で誕生した炎を操る人種“バーニッシュ”が出現した世界を舞台に、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊“バーニングレスキュー”の新人隊員・ガロと、攻撃的なバーニッシュである“マッドバーニッシュ”のリーダー・リオとの出会いを描く物語。

松山と早乙女にとっては、この日が「AnimeJapan」初参戦。大きな拍手で迎えられた松山は「熱いお迎えをありがとうございます」とニッコリ。「客として来たかった。もったいないことした」、早乙女も「ここに来られてうれしい。うっすら向こうのほうが見えて、ウズウズしちゃっている」とアニメの祭典を見渡して、興奮の面持ちを見せていた。

劇団☆新感線の座付き作家でもある中島は、松山、早乙女とも舞台「蒼の乱」「髑髏城の七人」など、これまでに複数回のタッグを組んできた。中島は「せっかくの劇場版。新感線でご一緒した役者さんとできればいいなと思って、松山ケンイチくん、早乙女太一くん、堺雅人くんにお願いした。第一希望が叶った形」とオファーの経緯を振り返って、感激しきり。今石監督も「中島さんのセリフを演じるには、新感線の経験者が強い。第一希望が通って『やった!』と喜んでいました。芝居の仕上がりもバッチリ」と大満足の表情を見せていた。

もともと「天元突破グレンラガン」「キルラキル」の大ファンで「勇気をもらっていた」という松山。くじけそうになる時は「『グレンラガン』のクライマックスシーンを観ていた」そうで、「グレンラガンに吸収されていくところ。あそこですごく勇気をもらった。頑張ろうと思った」と熱弁。中島が「『蒼の乱』の時、『グレンラガン』を観て本番に臨んでましたね」と思い返すと、松山は「本当に助けられた」としみじみ語っていた。

さらに「『勇者王ガオガイガー』が大好き。檜山(修之)さんが好き」とアニメ愛をあふれさせる松山に、中島が「本当にアニメ好きだよね!」とニッコリ。熱を帯びたアフレコを述懐した中島は「幸せでした。自分の書いたものが、想像したものよりも上を行って演じてくれる人がいる。新感線の稽古を見ているようで、ウキウキして見ていた」と喜びをにじませていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG| 撮影/MISUMI ヘアメイク/勇見 勝彦(THYMON Inc.、松山) 奥山信次、国府田雅子(早乙女) スタイリスト/五十嵐堂寿(松山) 平野彩 (早乙女)| [c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG| [c] TRIGGER・中島かずき/XFLAG| [C]2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project| [c]TRIGGER・中島かずき/XFLAG | [c]2019「宮本から君へ」製作委員会