• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 黒沢ともよら声優陣が驚愕!『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』は「1年生のクセがすごい」
  • EVENT

黒沢ともよら声優陣が驚愕!『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』は「1年生のクセがすごい」

2019年3月23日 12:02

新入生のクセの強さに、黄前ちゃんもタジタジ!?

京都アニメーションが手がける人気シリーズの完全新作『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』(4月19日公開)のステージイベントが3月23日、東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2019」にて行われ、声優の黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、藤村鼓乃美、山岡ゆりが登壇。本作の見どころや、シリーズスタート時からの変化や成長について語り合い、会場を盛り上げた。

本作は、武田綾乃の小説シリーズを原作に、北宇治高校吹奏楽部の奮闘を描いたテレビアニメの劇場版。主人公の黄前久美子が2年生に進級し、新たに入った一筋縄ではいかない後輩たちとの関係を通して成長していく姿を描く。

黄前久美子役の黒沢は、劇場版の台本を読んで「まだまだ私たちの代の話が見られるんだという安心感と、そこに絡んでくる1年生たちのクセの強さに驚愕した」そうで、これには加藤葉月役の朝井も「1年生、クセがすごいんじゃあ」と同調。2人で「大変でした」「お疲れ様でした」と労をねぎらい合っていた。

15年4月にテレビシリーズ第1期、16年10月には第2期が放送され、シリーズスタートからは4年の月日が経ったが、それぞれの成長を語り合うひと幕もあった。豊田は「久美子と麗奈がすごく仲よくなった。それと比例して、キャストの2人もすごい距離が近くなった」と久美子役の黒沢と、麗奈役の安済の関係性の変化について暴露。

「ちょっと本気で照れてる」と安済がいうと、黒沢も「違う現場でも、パッと目が合うと『ねー』ってなったりする」とアイコンタクトで通じ合えることがあると告白。周囲からは「熟年夫婦」と評されながら、安済は「(久美子と麗奈の)2人の関係性に引力みたいなものを感じる。初恋のような出会いから、妻のようになり、いまでは麗奈が(久美子の)お母さんのようになった気がする」と劇中でのキャラクターの変化にも思いを馳せていた。

最後には黒沢が「4年間シリーズが続くことも、新しく参加してくれるみんなが大好き(な状態)でこの作品入ってくれることも、メインとなっているスタッフ、キャストがほとんど変わらずにここまで来られているのも、すべてがとても幸せな巡り合わせ。だからこそできた劇場版になっている」とアピールし、大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会| [c]武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会| [c]2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会| 撮影/渡邊明音| [c]武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会