• NEWS

ジーニーの声は山寺宏一!『アラジン』日本語版予告編&ポスターが到着

2019年3月26日 4:00

山寺宏一の吹替えがアラジンと王女ジャスミンの冒険を盛り上げる!『アラジン』の日本語版予告編&ポスターが解禁 | [c] 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画、テレビアニメ、舞台、ゲームなど様々なコンテンツで親しまれ、第65回アカデミー賞歌曲賞を受賞した名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生んだ『アラジン』が実写映画化。6月7日(金)から公開となる本作より、このたび、ウィル・スミス演じる人気キャラクターの魔人ジーニーの日本語吹替えを山寺宏一が担当することに決まり、あわせて日本語版予告とポスターが解禁された。

本作は、貧しい青年のアラジン(メナ・マスード)と、自由に憧れる王女ジャスミン(ナオミ・スコット)との運命的な恋、そして、3つの願いを叶える魔法のランプを巡る冒険を描く。

公開となった日本語版予告編では、アラジンがジャスミンに手をさしのべ「僕を信じて」と語りかける。さらに山寺が吹替えるジーニーが「さあ、3 つの願いを!」「ショータイム!!」と合図するなど、名シーンが詰まっており、本作の盛り上がりに期待が高まる!

山寺は、93年公開のアニメ映画『アラジン』に引き続きジーニーの声を続投、また『インデペンデンス・デイ』(96)など多くの作品でウィルの吹替えを担当している。今回のキャスティングについて山寺は「愛おしいくらい大切で特別な存在です。僕を声優として成長させてくれたのも、“声優って難しいけど、最高に楽しい!”と思わせてくれたのもジーニーです。オリジナルのロビン・ウィリアムズに心から感謝しています」と語る。さらに、ジーニーを演じたウィルについて「“なるほど、そう来たか。ぴったりだ!”と思いました!」と感想を寄せた。ジーニーは愛着のあるキャラクターだけに“自分に話が来なかったらどうしよう”と不安もあったそうだが、「(ウィルは)過去に吹替えした事あるぞ。自分にジーニーが回ってくる確率上がったかも!“という気持ちが強かったです(笑)」とコミカルに振り返った。ネット上での“ジーニーには山寺さんしかいない!”という熱い声についても「そういうご意見のおかげもあって、今回演じさせて頂く事になったのかなと思っています。きっと“これぞ最高のエンタテインメント!”という素晴らしい作品になると確信しています。吹替版でもそれがしっかりと伝わるよう、出演声優の1人として全力を尽くします!ご期待下さい!」とファンの期待をさらに膨らませてくれた。

七色の声を持つ男・山寺が再びジーニーに命を吹き込み、いっそう魅力的にした本作をぜひ劇場でご覧いただきたい!

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース

[c] 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c]2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.|  [c] 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| © 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c] 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.| [c]Disney [c]Disney/Pixar [c]Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works by A.A. Milne and E.H. Shepard. [c]2019 MARVEL [c]&TM Lucasfilm Ltd.| [c]2018DisneyEnterprises,Inc.AllRightsReserved.| [c]2018 Disney. All Rights Reserved.