• EVENT

草なぎ剛、元気の源は「ステージに立つこと」“息子”と並んで笑顔!

2019年3月16日 13:17

草なぎ剛、息子を演じた山崎光に「卒業おめでとう!」

直木賞作家・西加奈子の同名小説を映画化した『まく子』の公開記念舞台挨拶が3月16日にテアトル新宿で開催され、山崎光、新音、草なぎ剛、須藤理彩、鶴岡慧子監督が登壇。元気をくれる映画にちなみ“元気の源”を聞かれた草なぎが、「こういう場に立つことは刺激になるし、舞台に立つことが一番元気になる。ステージに立つことが元気の源」と笑顔で明かし、会場から大きな拍手を浴びた。

本作は、温泉旅館のひとり息子である小学生・サトシ(山崎)を主人公に、その家族や転入生の少女らが繰り広げるエピソードをつづる人間ドラマ。女好きなダメ男ながら、サトシの成長を陰ながら見つめて背中を押す父・光一役を草なぎが演じている。

ちょうど昨日、中学校を卒業したという山崎が「この1年間は、とても大事な1年間だったなと思います。主演をやらせていただいたことで、これからの俳優人生の糧になったんじゃないかなと思います」としっかりと挨拶すると、草なぎは「いやあ、立派だね」と惚れ惚れ。「卒業おめでとうございます。僕も山崎くんと一緒に演技ができて、僕のほうが年上なんですが、学ぶことがたくさんあった」と“息子”から刺激も受けた様子で、「新音ちゃんからもたくさん学ばせていただいた。すばらしい才能をお持ちなので、これからも一緒にお仕事できたらいいですね」と若い2人にエールを送っていた。

また、“前バリ”トークで盛り上がるひと幕も。草なぎは「山崎くんは前バリをしていたけれど、僕はしないパターンで。やってみたんですが、形が合わなくて。前バリっていろいろな形があるんですね!」と新たな発見について語ると、会場も大爆笑。

さらに映画の見どころについて聞かれると「この作品を通して思ったのは、人って、老いて死に近づいていくもの。でもただ朽ち果てていくんじゃなくて、再生しながら生きていきたい。ちょっと自分自身も再生しているのかなと思わせてくれる映画」と力強く語った草なぎ。これには須藤も「トークの振り幅がすごいですね。すっごいいい話から、下ネタから。さすが!」と驚くことしきりで、草なぎは「腕、身につけましたか?」とお茶目に笑いながらも、「でも2人には負ける。吸収率が高いから。ピュアな感情が伝わってくるから、2人との芝居は僕も緊張した」と最後まで、山崎と新音の“若い力”を称えていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)| [c] 2018「凪待ち」FILM PARTNERS| [c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)| [c] 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会| [c]2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)| [c]2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)