• NEWS

前田敦子がアカペラで名曲に挑む!黒沢清監督最新作、予告&ポスターが完成

2019年3月13日 12:00

『旅のおわり世界のはじまり』のポスタービジュアル&予告編が完成! | [c]2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

日本とウズベキスタンの国交樹立25周年とナボイ劇場完成70周年を記念し、国内外で高い評価を獲得している黒沢清監督が全編ウズベキスタンロケを敢行した国際共同製作作品『旅のおわり世界のはじまり』の公開日が6月14日(金)に決定。それにあわせて本作のポスタービジュアルと最新予告映像が解禁された。

本作は“舞台で歌う”という夢を持つ主人公が、ウズベキスタンの地で様々な人々と出会うことで新しい扉を開き、成長していく姿を描き出す。“幻の怪魚”を探すために番組クルーとともにウズベキスタンを訪れたテレビ番組のリポーター・葉子は、ある日の撮影の終わりに街の中で聞こえてきた微かな歌声に誘われ、美しい装飾の施された劇場に迷い込む。そして彼女は、夢と現実とが交差する不思議な経験をすることに…。

このたび解禁された予告映像では、前田敦子演じる葉子がテレビ番組の撮影で訪れた湖で精いっぱいの笑顔を見せるシーンから幕を開け、胸に秘めた夢と現実とのギャップに悩み、また言葉の通じない異国で不安を抱えていく様が映し出されていく。そしてエディット・ピアフの名曲「愛の讃歌」のメロディに乗せて、どこか美しい場所へと迷い込んでいく姿も。

劇中で前田は、この名曲の歌唱に挑戦している。日本とウズベキスタンの友好の証であるナボイ劇場での交響楽団の伴奏に合わせた歌唱に加え、クライマックスでは標高2443メートルの山頂でアカペラを披露。そのシーンの撮影について前田は「あまりにも深く果てしない感情が表現されていて、生半可な気持ちではその世界に負けてしまう。とにかく歌と向き合って、歌詞のひとつひとつをまっすぐ届けることだけを考えました」と振り返る。

国民的アイドルグループAKB48のセンターとしてその名を轟かせた前田だが、しばらく歌の仕事から遠ざかっていたため、このシーンに備えてクランクイン前からボイストレーニングに取り組んだとか。そして撮影当日には約5時間かけて8テイクを重ねたという。シルクロードの美しい風景や、加瀬亮をはじめとした演技派俳優たちの好演はもちろんのこと、本作で女優としての潜在能力を引き出された前田の渾身の演技と歌声にも注目してほしい!

文/久保田 和馬


関連映画

関連映画ニュース