• COLUMN

色気ムンムン!草なぎ剛が女好きの“ちょいワル親父”で新境地開拓

2019年3月15日 20:00

映画や舞台、アニメの吹き替えまで…事務所移籍後、それまで以上に俳優として、幅広くチャレンジングな活動を続けている草なぎ剛。本日3月15日より公開となった最新の映画出演作『まく子』では、ちょいワルな父親役で、さらなる新境地を切り開いている!

息子の成長をそっと見守るいい父親なのだが… | [c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

直木賞作家である西加奈子の同名小説を映画化した『まく子』は、ひなびた温泉街にたたずむ小さな旅館の息子である小学5年生のサトシ(山﨑光)が、ある日転入してきたどこか不思議な雰囲気のコズエ(新音)と出会うことで、かけがえのない思春期の時間を過ごし、成長していく物語。彼らを軸に、周囲を取り巻く不器用な人々にも光を当てた人間ドラマだ。

ちょいワル父ちゃん役の草なぎ剛が色っぽすぎる! | [c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

そんな本作で草なぎが演じるのは、サトシの父親で、旅館では料理長を務める光一。サトシを見守り、時にはそっと背中を押す理解のある人物であり、サトシとコズエの関係を冗談めかしてからかったりもするフレンドリーな父親。もともと自然な演技に定評のある草なぎは、この父親と息子との距離感を、絶妙なバランスで演じており、その姿はさすがの一言だ。

若い女性と浮気をしており、息子からは反感を買っている | [c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

こんな良き父親でありながら、息子のサトシから反感を買っている光一。その理由は、旅館の女将で妻の明美(須藤理彩)がいるにもかかわらず、若い女性と浮気をするなど、自他共に認める女好きだからだ。草なぎはこの光一の女たらしな一面を、屈託のない笑顔を浮かべながらも、どこか気だるそうという絶妙な色気をムンムンに帯びた表情で体現。浮気性なのにどこか憎めないプレイボーイならではの雰囲気をまとっており、口には常にタバコをくわえたちょいワルな姿で、新たな境地へと一歩踏み出しているのだ。

屈託のない笑顔と、どこか気だるい雰囲気のギャップが最強! | [c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

積極的に様々なタイプの役柄に挑戦し、役者としてその幅を広げている草なぎ剛。まずは本作で、色気漂う“ちょいワル父ちゃん”姿を、ぜひチェックしてみてほしい。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)| [c]2019 「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)| [c] 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会| [c]2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)| [c]2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)| [c]ANKAMA ANIMATIONS - 2017