• NEWS

『エクリプス』監督が「歩けなくなるまで訓練してもらった」というヴァンパイアのバトルは必見!

2010年11月5日 16:56

デヴィッド・スレイド監督「メインキャストにはスタントの多くを自分でこなせるよう、歩けなくなるまで訓練してもらった」
デヴィッド・スレイド監督「メインキャストにはスタントの多くを自分でこなせるよう、歩けなくなるまで訓練してもらった」TM & [c] 2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『トワイライト』シリーズ最新作『エクリプス トワイライト・サーガ』がいよいよ11月6日(土)に公開を迎える。第3弾となる本作では、ベラをめぐるヴァンパイアのエドワードとオオカミ族のジェイコブとの恋の三角関係や、ヴァンパイアどうしの激しいバトルが繰り広げられる。

「第3弾は殺気立っていて野獣的なファイトシーンが楽しめるし、今までよりもぐっとアクション志向になっている。観客は物語のスピード感に衝撃を受けるんじゃないかな」とエドワード役のロバート・パティンソンが語るように、本作には大きなアクションシーンが3ヶ所もある。そのため、アクションシーンに関わる俳優は全員、何週間にもわたって特別トレーニングを受けた。エドワードの属するカレン家の面々はクランクインの5週間前にトレーニングを開始。格闘の振り付けで使われる基本的な動きを習得するほか、ジムでのウエイトトレーニングなども並行して行い、撮影が始まってからもスケジュールが許す限りトレーニングを続けた。監督のデヴィッド・スレイドも「メインのキャストにはスタントの多くを自分でこなせるよう、歩けなくなるぐらいまで訓練してもらった」と語るほどだ。そのトレーニングの甲斐あってか、本作でオオカミ族のジェイコブを演じるテイラー・ロートナーは『アブダクション』、人気アクションフィギュア「マックス・スティール」の実写映画版『ストレッチ・アームストロング』『ノーザン・ライツ』『カンクン』(いずれも原題)と、アクション大作への主演が続々決定している。

あらゆる要素で前2作を上回り、シリーズ最高傑作との呼び声も高い本作。テイラーが「今回は三角関係のクライマックスになると思うよ」と話すように、キャスト絶賛のアクションシーンだけでなく、本シリーズの魅力である“恋愛”の部分にも注目だ。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース