永野芽郁&北村匠海が爆笑!“変態おじさん役”ジャンポケ斉藤が盛り上げる |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/3/5 21:03

永野芽郁&北村匠海が爆笑!“変態おじさん役”ジャンポケ斉藤が盛り上げる

3月5日にスペースFS汐留にて、映画『君は月夜に光り輝く』の公開直前イベントが開催され、主演の永野芽郁、北村匠海が登壇。サプライズでジャングルポケットの斉藤慎二も登場し、会場を盛り上げた。

斉藤の「眼力がすごい」と永野
斉藤の「眼力がすごい」と永野

本作の重要なキーワードとなっているのが“代行体験”。余命ゼロの少女・渡良瀬まみず(永野)が叶えることのできない願いを、岡田卓也(北村)が“代行体験”という形で叶えていく。

【写真を見る】ジャングルポケット斉藤の演技に「芝居ができないくらいおもしろかった」と北村匠海
【写真を見る】ジャングルポケット斉藤の演技に「芝居ができないくらいおもしろかった」と北村匠海

ジャングルポケット斉藤は、卓也が“代行”した“一人遊園地”で出会うおじさんの役で登場。「僕の出てくるシーンはほんのちょっとですが、遊園地のシーンに出てきてすごいコミカルで面白いんです」とアピール。「最初に“変態おじさん役”といわれて、何だその役と思いましたけど(笑)」と困り顔も見せていた。

すると、北村は「本当に面白くて。芝居ができないくらい面白かった」と、斉藤の面白さを絶賛。永野は「眼力がすごいですね!」と、“顔の迫力”にも驚いた様子で、度々ふき出していた。

そんな斉藤も「最後は涙のシーンもいっぱいあると思いますし、日常が本当に幸せなんだと感じられる作品になっている」と、物語の奥深さについて主張。続けて北村も「この映画って本当にコミカルなところもありますが、死生観に当たるところだったり命を扱っているところがある。でもネガティブというわけではなくて。まみずという一人の女の子が、前向きに自分の命を輝かせるための戦いだなと思います。僕も大好きな映画」と、満足げな表情を浮かべた。

また、永野も「まみずという女の子はものすごく自分と向き合って、一生懸命いまという時間を生きていて」と主人公について説明。「その中で卓也君と出会って、生命力あふれて変わっていく女の子なので、それを見て、みなさんも明日からの活力だったり、いろんなものを感じていただけたら」と、役どころについて熱く語っていた。

平井あゆみ

関連作品

  • 君は月夜に光り輝く

    3.8
    123
    佐野徹夜の同名小説を永野芽郁×北村匠海のW主演で映画化するせつないラブストーリー

キーワード