• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • “フードブロガー”松田聖子も虜になった!?魅惑のシンガポールのソウルフードがそそる!
  • NEWS

“フードブロガー”松田聖子も虜になった!?魅惑のシンガポールのソウルフードがそそる!

2019年3月10日 11:15

世界中、どの家庭にもきっとある“我が家の味”…。日本とシンガポールを舞台に、そんな家庭の味を巡る人間ドラマが繰り広げられる『家族のレシピ』が、3月9日より公開中だ。食がテーマということで、本作にはおいしそうなソウルフードの数々が登場。その虜になっているのが、実に9年ぶりの映画出演となった松田聖子だ。

松田聖子が9年ぶりに映画に出演! | [c]Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

『家族のレシピ』は、父と共にラーメン店を営む主人公の真人(斎藤工)が、父の突然死をきっかけに遺品を整理していると、真人が10歳の時に亡くなったシンガポール人の母親の日記を発見。両親が若い頃を過ごしたシンガポールへ自分のルーツや家族の秘密を探しに足を運ぶ…という物語が展開していく。

庶民的な食事が食欲をそそる! | [c]Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

そんな真人を現地でサポートするのが、松田が演じている美樹。“食の王国”とも言われるシンガポールに在住し、フードブロガーとして生活を送る彼女は、この地で食堂を営む母親の弟ウィーの居場所を探す真人のため、彼を様々な食堂に連れ出していく。その先々で登場するのが、チキンライス(海南鶏飯)やチリクラブ、ホッケンミーなど、見ているだけでよだれが出てしまいそうなほど、食欲をそそるシンガポール料理の数々。それらの食事をほおばり、至福の笑みを浮かべる真人と美樹。おそらくこの表情は演技ではないことだろう。

【写真を見る】松田聖子も虜になった?おいしそうなシンガポール料理たち | [c]Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

そしてこれらの庶民派料理の中で、物語の重要な鍵を握っているのがバクテーだ。漢字では肉骨茶と書く日本人には耳なじみのないこの料理は、豚の骨付きあばら肉などをスパイスやハーブと一緒に煮込んだもの。元々労働者が食べ始めたが、今ではソウルフードとして、レストランなどでも広く愛されている料理だ。この一品に懐かしの家庭の味を見出した真人は、同じような出自を持つ、日本の国民食ラーメンと融合しようと奮闘し、また家族の秘密にも迫ろうとするのだが…。

果たして、日本とシンガポールをつなぐ“ラーメンテー”は出来上がるのか…?ウマそうな料理と共にその行く末にも注目しながら、劇場でおなかを空かせて帰ってほしい!

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース

[c]Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale| [c]2018『そらのレストラン』製作委員会| [c] Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved. | [c]2018「食べる女」倶楽部| [c]2017 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 [c]2014 田中経一/幻冬舎