• EVENT

川口春奈、高橋一生に感謝!「大人の余裕で私を包み込んでくれた」

2019年3月02日 14:13

高橋一生は“辛党”川口春奈にクレーム!?

高橋一生と川口春奈が3月2日、新宿ピカデリーで行われた映画『九月の恋と出会うまで』の公開記念舞台挨拶に登壇。初共演を果たした高橋と川口だが、高橋は「またまったく違った役、境遇でお芝居をできたら」と再共演を願いつつ、「プロモーションの最中に僕、唇がぶっ壊れていたんです。すごい荒れちゃって。それにも関わらず、川口さんは『私の好きなもの』と言って辛いものをお願いする。その都度、唇がぶっ壊れて…。ちょっとキツかったです」とお茶目にクレーム。笑顔を弾けさせた川口は「大人の余裕で、私を包み込んでくださった」と高橋に感謝を伝えた。

「書店員が選んだ、もう一度読みたい恋愛小説」で1位に輝いた松尾由美による小説を、高橋と川口のW主演で映画化した本作。未来の声のおかげで命を救われたものの、タイムパラドックスによって1年後に消えてしまうという運命を背負ったヒロイン・志織(川口)が、隣人の青年・平野(高橋)とともに奇跡を起こそうとする姿が描かれる。舞台挨拶には山本透監督も出席した。

ちょうど1年前の3月2日にクランクインし、撮影、プロモーション活動と一緒に駆け抜けてきた二人。この日をもってプロモーション活動も一区切りとなるが、司会から「最後に伝えたいことは?」と聞かれた高橋は「今生の別れみたいになっちゃう」と苦笑い。高橋は「監督も川口さんも、お仕事をやっていく以上は、きっとまた交差する時もあると思う」、川口も「またご一緒できるように頑張ります」と再共演を楽しみにしていた。

また川口は、風邪で倒れた志織を平野が看病をしてくれるシーンが好きだそうで「冷えピタを貼ってくれる平野の、ぎこちない感じはよいですね」とニッコリ。「女性の方は刺さっていると思う」と胸キュンポイントとしてオススメした。山本監督は「あそこで『失礼します』って言ってるんです。あれは(高橋の)アドリブ」と明かしていたが、高橋は「(おでこに貼る時に)髪の毛をどかさないといけないので、『失礼します』って言っちゃいました」と照れ笑いを浮かべていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]松尾由美/双葉社 [c]2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会|  [c]2019「ロマンスドール」製作委員会