• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 平手友梨奈、日本アカデミー賞授賞式で「自然体でやれたのがうれしかった」まっすぐな想い語る
  • EVENT

平手友梨奈、日本アカデミー賞授賞式で「自然体でやれたのがうれしかった」まっすぐな想い語る

2019年3月01日 21:37

日本アカデミー賞授賞式、新人俳優賞の女優陣が笑顔!

第42回日本アカデミー賞授賞式が3月1日にグランドプリンスホテル新高輪で開催され、新人俳優賞を受賞した上白石萌歌、趣里、平手友梨奈、芳根京子、伊藤健太郎、中川大志、成田凌、吉沢亮が登壇。平手が「お芝居に対して、自分に嘘をついているんじゃないかと疑問を持ったりもしていたんですけれど、そんなことはなく、自然体でやれたのがすごくうれしかった」とまっすぐな想いを語った。

プレゼンターを務めた菅田将暉は、馴染みのメンバーがいることに笑顔見せ「晴れやかな場で会えるのはうれしい。刺激になります。おめでとうございます」とエールを送った。

『響 -HIBIKI-』で映画初出演にして初主演を飾った平手は、圧倒的な文才を持つカリスマ性のあるヒロインを演じた。「自然体でやれたのがうれしかった」と語り、「チームの皆さんと、いままで私に関わってきてくださった皆さんに感謝します。皆さんに出会えてよかったなと思える現場でした」と初めての映画もすばらしい経験となった様子。屋上から飛び降りるシーンもあったが、「むしろ楽しくて。もっと高いところからでも大丈夫じゃないかなと思いました」と頼もしい言葉を放ち、司会の西田敏行を驚かせていた。

岡崎京子の同名コミックを行定勲監督が映画化した『リバーズ・エッジ』で、同級生からいじめを受ける青年をピュアに演じた吉沢は「映画祭にも行かせていただいた。改めて、映画ってエネルギーを持っているステキなものだなと感じられた」と振り返り、「作品自体はドロドロした雰囲気なんですが、役者同士はみんなフレッシュで仲よくやっていました。みんなが熱いものを持っていて、みんなで頑張った作品」と胸を張っていた。

司会の蒼井優から「大好き。真似したい」と言われたのが、本谷有希子の原作を映画化した『生きてるだけで、愛。』でエキセントリックなヒロインを演じた趣里。恋人役を演じた菅田から盾を受け取った趣里は「菅田さんから受け取ることができて、とてもうれしい。たくさん支えてもらいました」とニッコリ。「生きてきて、映画というエンタテインメントになんども救われてきました。これからも感謝の気持ちと共に、誰かの心に寄り添える、そんな人間でい続けられるように、2019年の新人俳優賞の最年長として、日々歩んでいきたいと思います」とさらなる飛躍を誓っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会| [c]2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会| [c]2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 [c]柳本光晴/小学館| [c]2018映画「累」製作委員会 [c]松浦だるま/講談社| [c]2018「羊と鋼の森」製作委員会| [c] 2019「ひとよ」製作委員会| [c]2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 [c]柳本光晴/小学館 | [c]2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 [c]柳本光晴/小学館| [c]2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 [c]柳本光晴/小学館