• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『アクアマン』4D版に庄司智春が「濡れティーー!」、ひょっこりはんは「びっしょりはん」
  • EVENT

『アクアマン』4D版に庄司智春が「濡れティーー!」、ひょっこりはんは「びっしょりはん」

2019年2月27日 15:51

アクアマンのようにたくましい筋肉を誇る庄司智春

現在大ヒット中の海中バトル・エンタテインメント映画『アクアマン』の4D応援上映イベントが、2月27日にユナイテッド・シネマアクアシティお台場で開催。最新の体感型上映システム“4D”で海中世界を体感した庄司智春(品川庄司)は興奮して「ミキティーー!」ならぬ「濡れティーー!」と、ひょっこりはんは、水びたしなので「びっしょりはん」と言って会場の笑いをとった。

すでに『アクアマン』の2D版を観ていたという庄司だが「開始1秒で雨が降ってきた!全然4Dのほうがいいです。かなり臨場感があって楽しめました。お母さん(ニコール・キッドマン)が出てきたシーン、最高!乳首まで立っちゃって。乳首まで4D!」と上半身裸になり、ムキムキの肉体を披露した。

ひょっこりはんは「僕は4D自体が初めてで、この映画を観たのも初めて。アトラクションに乗ったみたい。4D用に作ったのかと思うほど。応援上映なのでわーって声も出せて最高でした」と大喜びだった。

また、映画を誰と観たいか?という質問に、庄司は「ミキティーー!」と叫んだあと「ミキティと子どもと観に行きたいです」と答えた。また、庄司の子どもが大ファンだと言われたひょっこりはんは「庄司さん一家で行く時、一緒についていきたいと思います」とコメント。

庄司は「うれしいですね。娘は毎朝、ひょっこりはんをやってますから」と笑顔で話した。

『アクアマン』は、アトランティス帝国と人間の血を引くスーパーヒーロー、アクアマンの活躍を描くSFアクション。興行収入ランキングで堂々の初登場1位を記録し、公開2週目でも連続で1位を獲得。現在も大ヒット中だ。

取材・文/山崎 伸子

関連映画ニュース