• NEWS

中村倫也らの出演も決定!中野量太監督最新作『長いお別れ』予告編が完成!

2019年2月27日 7:00

『湯を沸かすほどの熱い愛』の監督最新作は、直木賞作家の同名小説が原作の感動作 | [c]2019『⻑いお別れ』製作委員会

山田洋次監督によって映画化もされた「小さいおうち」で第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説を、日本アカデミー賞をはじめ国内の映画賞を席巻した『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)の中野量太監督が映画化した『長いお別れ』の公開日が5月31日(金)に決定。このたび本作の最新予告映像が完成し、追加キャストと主題歌情報が解禁された。

本作は、少しずつ記憶を失くしていくことからアメリカでは“長いお別れ”と表現される病“認知症”をテーマにした、ある家族の物語。厳格な父・昇平の70歳の誕生日に久しぶりに帰省した娘の麻里と芙美は、母・曜子から父が認知症になったことを知らされる。日に日に記憶を失くしていく父に戸惑いながらも向き合うことで、自分自身を見つめ直していく家族たち。そんななか、家族の誰もが忘れかけていた“愛しい思い出”が昇平の中に残っていると知ることに。

このたび完成した予告編は、自身の誕生日の席で娘に「あんた誰だ?」と問いかけるなど、徐々に記憶を失っていく父・昇平の姿から幕を開ける。そして、夢と恋愛に思い悩む次女の芙美と慣れない海外生活に戸惑う長女の麻里。家族それぞれが人生の岐路に立たされている中で、認知症になった父と向き合っていく様子があたたかなタッチで映し出されていく。

芙美役の蒼井優、麻里役の竹内結子、昇平役の山崎努、曜子役の松原智恵子ら日本映画界が誇る豪華実力派キャストが共演することでも話題を集めている本作。そして新たに、芙美の彼氏・道彦役の中村倫也や麻里の夫・新役の北村有起哉をはじめ、杉田雷鱗、松澤匠、清水くるみ、倉野章子、不破万作、おかやまはじめ、池谷のぶえ、藤原季節、小市慢太郎の出演が決定。

さらに、主題歌には神秘的な歌声が“魔法”と称される話題のシンガーソングライター、優河が抜擢。本作のために書き下ろした主題歌「めぐる」は、穏やかでありながらポジティブな力強さに満ち溢れ、深い余韻を残してくれることだろう。ゆっくりと記憶を失う父親との7年の末に、家族はどのような未来を選ぶことになるのか…?普遍的な家族の愛の物語に、大いに期待したい。

文/久保田 和馬


関連映画

関連映画ニュース

[c]2019『⻑いお別れ』製作委員会| [c]2019「長いお別れ」製作委員会| [c]2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会| [c]2018吉本興業| [c]2019『屍人荘の殺人』製作委員会