• TOP
  • ニュース
  • 確実に、そして魅せて殺すのがプロの仕事~殺人鬼・マイケル・マイヤーズ
  • COLUMN

確実に、そして魅せて殺すのがプロの仕事~殺人鬼・マイケル・マイヤーズ

2019年2月27日 22:30

作業つなぎと白いマスクという出で立ちに、不死身の肉体、そして人並み外れた怪力。黙々と人を殺し続ける恐怖の殺人鬼として、ホラー映画界きっての人気を誇るマイケル・マイヤーズことブギーマン。1978年の『ハロウィン』以来、シリーズ10作を通じて80人以上の死傷者を出してきた彼が、4月12日(金)公開となる新しい『ハロウィン』でも、恐るべき仕事ぶりを見せている。

『ハロウィン』は4月12日(金)より公開
『ハロウィン』は4月12日(金)より公開[c]2018 UNIVERSAL STUDIOS

あの忌まわしい事件から40年…。あるジャーナリストたちが事件の真相を解明しようと、マイケルに取材を申し込むも、彼は一言も話さず、動機や感情は一切不明なまま。そんな折、ハロウィン前夜にマイケルを精神病棟から刑務所へ搬送していたバスが横転し、事故に乗じてマイケルは脱走してしまう。そしてハロウィンの夜、再び街に解き放たれたマイケルと、事件の生き残りの女性ローリー(ジェイミー・リー・カーティス)は、再び相見えることに…。1作目の続編となる本作をより楽しむために、知っておきたいのが40年前の事件について。ここでは、あまりの残忍さに目を覆う、マイケルのその仕事ぶりを振り返っていこう。

40年前の事件の生き残りであるローリーを演じるのは、1作目と同じくジェイミー・リー・カーティス
40年前の事件の生き残りであるローリーを演じるのは、1作目と同じくジェイミー・リー・カーティス[c]2018 UNIVERSAL STUDIOS

わずか6歳にして、実姉をグサリ!そしてあのスタイルが完成

彼の初めてのお仕事、それは6歳の時の実姉ジュディスの殺害というあり得ないものだった。肉切り包丁を手に取るところから、途中でハロウィンマスクを被り、そして包丁をジュディスの胸元に何度も振り下ろすまでの躊躇と無駄のない動きは、その才能の片鱗を早くも見せつけている。しかもこのシーンは彼の視点から捉えられており、名作の幕開けにふさわしい、衝撃的すぎるものだった。

クローゼットにも潜伏しているよ…怖すぎ!
クローゼットにも潜伏しているよ…怖すぎ![c]2018 UNIVERSAL STUDIOS

第二の殺人は、姉を殺してから15年後のこと。精神病院に収容されていたマイケルは、出廷のため移送される日に、病院から抜け出し車を奪って脱走すると、道中で修理工の男性を殺害。その際に作業つなぎを奪い、彼の“ブギーマンスタイル”が完成した。

関連映画

関連映画ニュース