• EVENT

GACKT、『翔んで埼玉』で伊勢谷友介とのキスを提案!和装姿でキャストが登壇

2019年2月22日 20:03

GACKT、伊勢谷友介との濃厚キスは自ら提案!

魔夜峰央の同名コミックを実写映画化した『翔んで埼玉』の初日舞台挨拶が2月22日に丸の内TOEIで開催され、二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹、武内英樹監督が和装姿で登壇。劇中にはGACKTと伊勢谷によるキスシーンがあるが、武内監督が「GACKTさんの提案」と当初の予定にはなかったものの、GACKT発信で出来上がったシーンであったことを告白。GACKTは「こういうのを公私混同って言うんです。どうしても伊勢谷くんとチューしたかった」と話し、大歓声を浴びた。

原作は、埼玉県人への徹底的なディスリが強烈なインパクトを放ち、人気を博した同名コミック。埼玉県民が東京都民からひどい迫害を受けている世界を舞台に、東京都知事の息子・壇ノ浦百美(二階堂)と、隠れ埼玉県人の麻実麗(GACKT)との出会いを描く。伊勢谷は、壇ノ浦家の執事・阿久津翔を演じている。

初日を祝って、金屏風の前に和装姿で登場したメンバー。紋付袴姿を披露した二階堂は「今回初めて男の子役を演じさせていただいた。ぜひ紋付袴を来たいと思った」と自ら希望した衣装とのこと。「いかがでしょうか」と語りかけると、大きな拍手が上がっていた。

まさかの高校生役にチャンレジしたGACKTは「1年間にテレビは5本しか出ないと決めている。5年分は出たかなと」とプロモーション活動に励んだことを述懐。「ここから5年は、しばらく休みたい」と長期休暇を希望すると、会場からは「ええー!」と大ブーイング。GACKTは「ええー!って言うな」と会場にツッコみ、爆笑をさらっていた。

それぞれが個性的すぎるキャラクターを演じたが、伊勢谷は「いろいろなことが印象に残りまくり。撮影が進んでいくと、なかったシーンが急に出てきた。GACKTさんとチューする。びっくり!」と、台本にはなかった“GACKTとのキスシーン”が追加されたことを激白。武内監督が「GACKTさんの提案」と明かすと、GACKTは「それは言わない約束」と口火を切り、「こういうのを公私混同って言うんです。どうしても伊勢谷くんとチューしたかった」と言い放ち、会場を笑わせていた。

さらに武内監督は「キスシーンの後、伊勢谷くんは『意外と女性と変わらない!』と言ってた」と暴露。GACKTは「あれからずっと(唇を)拭いていない」とさらりと語り、再び会場は大爆笑。伊勢谷は「GACKTさんの懐で、温かく芝居をさせていただきました」と満面の笑みで感謝していた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2019映画「翔んで埼玉」製作委員会| [c] 2019映画「翔んで埼玉」製作委員会| [c]魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019| [c]魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社