千眼美子、改名後初の主演映画が公開!次なる目標は「ラップに挑戦したい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/2/22 20:20

千眼美子、改名後初の主演映画が公開!次なる目標は「ラップに挑戦したい」

17年に清水富美加から法名へと名を改めて活動を始め、『さらば青春、されど青春。』(18)や『宇宙の法 黎明編』(18)など話題作への出演が相次ぐ千眼美子が、改名後初の主演を務めた『僕の彼女は魔法使い』(公開中)の初日舞台挨拶が22日、シネマート新宿で開催。千眼を筆頭に、共演者の梅崎快人と高杉亘、不破万作、そしてメガホンをとった清田英樹監督が登壇した。

本作は、人々から幸せを奪い去る黒魔術の脅威から“愛の魔法”で世界を守ろうとする“白の魔法使い”が、赤い糸で結ばれた運命の人を見つけ出し、時空を超えて黒魔術の魔王へ立ち向かっていく物語。高校3年生の優一のクラスにある日、転校生の風花がやってくる。その時を境に不思議な現象に度々遭遇することになった優一は、風花が魔法使いで“白魔術の継承者”であると知り、戸惑いながらも心惹かれていくのだが…。

「人間からすると“魔法使い”はかけ離れた不思議なものだと思うんですが、風花ちゃんは魔法が使えないほうが不思議な役」と、自身が演じた役どころについて語る千眼は、初めての魔法使い役に臨むにあたり「ちょっと逸脱した感覚を味わおうと、踵にローラーがついた靴を買うことから始めました」と斜め上の発想の役作りをしたことを告白。現場にも履いていったと明かすが、高杉や清田監督からは「見てないよ」とツッコミを入れられる一幕も。

さらに劇中で恋人役を演じた梅崎とは、撮影の合間に将棋を差していたというエピソードも。「ちょうど将棋にハマっていて、梅ちゃん(梅崎)ができるって言うので、将棋盤を持っていったんです」と説明した千眼に、梅崎は「千眼さんがすごく強くて…飛車で王手されました」とせつなそうに振り返る。すると千眼は「ボロ勝ちしました」と満面の笑みを浮かべた。

また千眼はデビュー曲「眠れぬ夜を超えて」が『さらば青春、されど青春。』の主題歌になったことに続いてy、本作でもイメージソングとなる「夢の時間」を歌っている。「今回はテンポが上がった分、等身大な感じで歌わなきゃいけなくて、成長していくんだって気持ちを込めながら歌えたのが良かった」と自信たっぷりに語り、今後の歌手活動についてもやる気充分。「次はまさかのラップに挑戦したいです」と宣言した。

舞台挨拶の終盤には、本作にちなんで登壇者たちはそれぞれ「実際に魔法が使えたら?」というテーマでトークを進めていく。「高校生に戻って恋がしたい」という不破に「逆に未来に行ってみたい」と力強く語る梅崎。また高杉は「魔法が使えると努力しなくなるから、魔法が使えなくなる魔法」と真面目なコメント。そんな中で千眼は、しばし考え込んでから「週末動員ランキング1位になる魔法と、たくさんの人に観てもらえる魔法、あとSNSで拡散してもらえる魔法をかけたい!」といつも通りの天真爛漫な雰囲気で語り、会場をほっこりとさせた。

取材・文/久保田 和馬

関連作品

  • 僕の彼女は魔法使い

    4.5
    13
    千眼美子演じる白の魔法使いと黒魔術との時空を超えた戦いが展開するファンタジー映画