• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 【第91回アカデミー賞】助演女優賞は『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キング
  • NEWS

【第91回アカデミー賞】助演女優賞は『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キング

2019年2月25日 10:17

アカデミー賞のレッドカーペットに現れたレジーナ・キング | Matt Petit / [c]A.M.P.A.S.

第91回アカデミー賞授賞式が、現地時間2月24日(日本時間25日)にハリウッドのドルビー・シアターで開催された。『女王陛下のお気に入り』(公開中)からエマ・ストーン、レイチェル・ワイズの2人がノミネートされるなど、混戦模様だった助演女優賞。軍配は『ビール・ストリートの恋人たち』(公開中)のレジーナ・キングに上がった。

本作は、『ムーンライト』(16)において第89回アカデミー賞で作品賞など3部門受賞を果たしたバリー・ジェンキンス監督が、黒人作家ジェイムズ・ボールドウィンの小説を映画化したラブストーリー。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュ(キキ・レイン)と22歳の恋人ファニー(ステファン・ジェームズ)を主人公に、無実の罪で投獄されてしまったファニーを助けようと、ティッシュとその家族が奔走する姿を描く。レジーナは、娘のティッシュを支える優しくも力強い母親シャロンを演じ、第76回ゴールデン・グローブ賞をはじめ、アカデミー賞前哨戦の助演女優賞を総なめにしている。

レジーナ・キングは、娘のティッシュを支える優しくも力強い母親シャロンを演じている | [c]2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

初ノミネートにして、初受賞を果たしたレジーナは、真っ白のドレス姿でステージに上がった。オスカー像を見つめ「ジェイムズ・ボールドウィンが子どもを育て、愛で包みました。ここに私が立てることは適切だと思います。というのも、愛とサポートを注ぐとこのような結果になると示したから」と原作者に敬意を評し、「お母さん、心から愛しています。私に『神はいつも私のほうを向いている』と言ってくれてありがとう」と瞳に涙を浮かべながら、母への感謝と愛を語った。

レジーナ・キングは1971年、米国カリフォルニア州生まれの48歳。85年にテレビシリーズ「227」でキャリアをスタートさせた。『ボーイズ’ン・ザ・フッド』(91)で映画初出演を果たし、『ザ・エージェント』(96)、『Ray レイ』、(04)『デンジャラス・ビューティー2』(05)などに出演。テレビシリーズ「アメリカン・クライム」で、15年と16年のエミー賞リミテッドシリーズ/テレビムービー部門助演女優賞を受賞。さらにNetflixオリジナルドラマ「運命の7秒」で同賞の主演女優賞受賞を果たしている。

【写真を見る】美しいホワイトのドレスで登場 | Kyusung Gong / [c]A.M.P.A.S.

文/成田 おり枝

★★★Movie Walkerでは『第91回アカデミー賞特集』を実施中。受賞結果をはじめ、関連ニュースなど情報が盛り沢山!★★★

『第91回アカデミー賞特集』はコチラでチェック!


関連映画

関連映画ニュース

Matt Petit / [c]A.M.P.A.S.| Kyusung Gong / [c]A.M.P.A.S.| 写真:SPLASH/アフロ| [c]2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.| Mike Baker / [c]A.M.P.A.S.| [c] 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.| Aaron Poole / [c]A.M.P.A.S.| Troy Harvey / [c]A.M.P.A.S.| [c]Yoshiyuki Uchibori | [c]2018 Twentieth Century Fox