6人のスパイダーマンが異次元から集結!?『スパイダーマン:スパイダーバース』より本編特別映像が公開 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/2/21 21:23

6人のスパイダーマンが異次元から集結!?『スパイダーマン:スパイダーバース』より本編特別映像が公開

全米興行収入1億8000万ドルを突破し(2月21日現在)、日本時間2月25日(月)に発表を控える第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされている『スパイダーマン:スパイダーバース』が3月8日(金)より公開される。このたび、異次元から集結した6人のスパイダーマンたちが初めて顔を揃える本編特別映像が公開された。

ニューヨークのブルックリンに住む中学生マイルス・モレラス(吹替え:小野賢章)は、ある日、ひょんなきっかけからスパイダーマンとなるが、その力を上手くコントロール出来ずにいた。そんななか、闇社会に君臨する悪党キングピンにより時空が歪められる大事件が起こる。その影響で歪められてしまった時空から現れたのは、まったく異なる次元で活躍する、様々な個性をもったスパイダーマンたちだった…。

今回解禁された特別映像は、キングピンの野望を阻止するため、主人公のマイルスと、スパイダーマン歴22年となり中年オヤジの貫禄がついたピーター・パーカー(吹替え:宮野真守)、バレリーナのように優雅でスタイリッシュなスパイダー・ウーマンのスパイダー・グウェン(吹替え:悠木碧)、モノクロの世界に住むハードボイルドなスパイダーマン・ノワール(吹替え:大塚明夫)、未来からやってきたロボットSP//dr:と親友の日本人らしき少女のペニーパーカー(吹替え:高橋李依)、しゃべる豚のスパイダー・ハム(吹替え:吉野裕行)という6人が、ハイテク機器やスパイダースーツが並ぶ、秘密の地下基地内で初めて出会い、各々の世界観をタッチの違うアニメーションで説明するという、ハイテンションなシーンとなっている。

個性が強すぎ、あまつさえ次元までもが違う6人は、力を合わせてキングピンの野望を阻止できるのか…。アニメならではのバトルシーンが畳みかけるなかでたどり着く結末は、ぜひ劇場で確認してほしい。

文/編集部


関連作品

関連記事