• GOSSIP

レディー・ガガ、交際2年の婚約者と電撃破局…その原因は?

2019年2月20日 21:15

婚約者のクリスチャン・カリーノと破局 | 写真:SPLASH/アフロ

レディー・ガガが、婚約者のクリスチャン・カリーノと電撃破局していたことがわかった。ピープル誌にガガの広報が独占で明らかにしたもの。

10日に開催されたグラミー賞授賞式では、2人が揃って出席しなかっただけでなく、受賞スピーチでガガがクリスチャンへの感謝の意を述べなかったこと、そして何よりも婚約指輪を身につけていなかったことで、ファンの間でも破局説が浮上。しかし一方で「彼女は演奏のためにあえて指輪をしていなかった。ガガが賞レースで多忙のため挙式のプランは保留になっているが、年内に結婚する予定」というような、破局説を否定する報道も流れていた。

しかしガガの広報によれば、少し前に破局を迎えていたようで、「ただ、うまくいかなかったのです。2人の関係は終わりました。それ以上のドラマティックなストーリーはありません」と、あくまで破局は2人の問題であることを強調している。

実際にいつ破局したのか、またどんな理由なのかは明らかになっていないが、1月に開催されたゴールデン・グローブ賞授賞式、全米俳優組合賞の授賞式でも、クリスチャンは常にガガの側にいてサポートを続けてきた。

クリスチャンのインスタグラムを見てみると、2月3日にはスーパーボウルでガガとラブラブのモノクロ写真を投稿しているが、6日にはガガの後姿の写真に意味深なコメントが添えられて、以後投稿がないことから、少し前というのは、数週間前の可能性も考えられる。

ガガは、主演作『アリー/スター誕生』(公開中)で、各賞の主演女優賞にノミネートされており、女優として開眼させた同作の監督であり、恋人役を演じているブラッドリー・クーパーと、役を超えた恋愛感情が生まれているのではないかと言われていた。

しかし、ブラッドリーはパートナーのイリーナ・シェイクとラブラブな様子が目撃されており、まもなく娘のリアも2歳になる。ガガもクリスチャンとの関係が良好であることを主張。2人の間には友人としての“深い絆”が生まれたことを強調していた。

ガガは、11年9月より交際していたテイラー・キニ―と15年2月14日に婚約。その後「交際休止中」としていたが、16年の7月に完全破局を迎えている。それについて、17年のインタビューで「アルバムが売れたら、恋人と別れる羽目になった。キニーとは、『アリー/スター誕生』が破局の原因になってしまった」と明らかにしており、本人の分析通り、キャリアと恋愛が反比例しているのかもしれない。

ガガは、第91回アカデミー賞で主演女優賞にもノミネートされており、ブラッドリーと一緒に、歌曲賞候補に選ばれている主題歌「シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた」をデュエットすることが決定している。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| 写真:SPLASH/アフロ | Kyusung Gong / ©A.M.P.A.S.| [c]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC| 撮影/KEVIN MAZUR