• NEWS

石井正則が藤原竜也に抱き始めている、疑心暗疑な出来事とは?

2010年10月16日 16:38

『インシテミル』初日舞台挨拶に登壇した一同

7日間の過酷なデスゲームをモチーフにした「心理ゲーム映画」の決定版『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(公開中)の初日舞台挨拶が10月16日、丸の内ピカデリーで行われ、出演者の藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、平山あや、石井正則、大野拓朗、武田真治、片平なぎさ、北大路欣也、声優を務めた日村勇紀(バナナマン)、中田秀夫監督が登壇した。

時給11万2000円の高額バイトを目当てに集まった10人の男女がデスゲームを繰り広げる本作では、それぞれに凶器が与えられる。石原は「凶器がすごく重くて、怪我もあった」といい、アクションシーンが見せ場の武田は「メガネ男子からの豹変っぷりっていうふり幅も見せていきたいということで、タンクトップになった」と話す一方で、「ハードなアクションシーンだったと思うんですけど、怪我しちゃいました。でも、いい思い出です」と生傷が絶えない中でも撮影を楽しんだようだ。

アル中の元社長役の北大路は「虚構の世界と実像の世界の境目がなかなか掴めないくらい、今のドラマだと思う。ある意味では恐ろしいし、哀しいし、腹が立つし、でも我々の生活の中でどなたかに当てはまるような気がした」と紹介。中田監督について藤原は「声の音程や間の取り方を細かくチェックしていただいて、丁寧に撮っていった。撮影中は、監督がタオルを巻いてカメラの横にいらっしゃるので、安心してできた」と信頼を寄せた。撮影中に誕生日を迎えたという綾瀬は、ケーキと寄せ書きをもらったという。綾瀬は「寄せ書きを誕生日にもらったのは初めてだったので嬉しかった」と笑顔で話すと、それを聞いた日村は「僕も寄せ書きの方はね・・・今、初めて聞きました」としょんぼり。平山あやの恋人役で、現場を掻き乱す役柄となる阿部は「なるべく、皆さんが観てわかりやすいように嫌な感じをハッキリと出しました。初めて嫌な役に挑戦したんですけど、楽しんで演じることができた」と自信たっぷりの表情を覗かせた。「暗鬼館」にいるインディアンの声を演じた日村は「インディアンの気持ちを考えないといけないと。『インディアンの気持ちってどんななんだろう』って考えたんですが、なかなかインディアンの知り合いもいませんし(笑)」と会場の笑いを誘った。

本作は、疑心暗疑に陥った10人の心理戦がテーマ。石井は藤原に対し「いつも僕が目の前にいるのに藤原くんが『あれ?石井さん、どこ行きました?』って探して、それで僕が『竜也くん、竜也くん』っていうと、藤原くんが『あ!石井さん』っていう絡みをやってるんです。でも、今までは背が低いからだと思ってたんですけど、最近『石井さん、存在感薄くなってきたな』って思ってるんじゃないかと、疑心暗疑が生まれてきている」と不安げな様子。すると藤原は「正直なところ、ちょっとある」と本音とも思える冗談を放つと、石井が「リアルなトーンで言わないで!」と焦る場面があり、現場の仲の良さを伺わせた。

また、同作には海外からのオファーが殺到、既に世界28ヶ国での配給が決定している。アジアでは、日本公開直後に香港、台湾、シンガポール、タイなどで公開が決まっており、ワーナー・ブラザーズとして邦画を海外配給するのは今回が初めてのこととなる。

チームワーク抜群の舞台の雰囲気とは裏腹に、スクリーンの中では容赦ない心理戦が繰り広げられる本作。見終わった後は一緒に行った友人・恋人の心理が気になって仕方なくなるかも?【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2010「インシテミル」製作委員会| [c]2009 Distant Horizon Ltd & Action5.Inc All Rights Reserved| [C]2010「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」製作委員会| [c]2010「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」製作委員会| [c]2010「インシテミル」製作委員会