次世代を担うジャニーズJr.が大集合!自由すぎる舞台挨拶&サプライズライブで会場は熱狂 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/1/30 20:28

次世代を担うジャニーズJr.が大集合!自由すぎる舞台挨拶&サプライズライブで会場は熱狂

次世代ジャニーズ総出演!『映画 少年たち』の完成披露試写会が開催
次世代ジャニーズ総出演!『映画 少年たち』の完成披露試写会が開催

1969年の初演以来幾度となく再演され、のちにKis-My-Ft2やA.B.C-Z、ジャニーズWESTとして活躍するメンバーが出演したことから“若手の登竜門”として知られるようになった伝説の舞台劇を映画化した『映画 少年たち』(3月29日公開)。その完成披露試写会が30日、東京ドームシティホールで開催。SixTONESやSnow Manら次世代を担う若手ジャニーズJr.が一堂に会した。

本作は心に深い傷を持ち、それぞれの事情を抱えて少年刑務所に収監された少年たちの姿をオリジナル楽曲に乗せて描き出したミュージカルエンターテインメント。“赤房”“青房”“黒房”のチームでそれぞれ徒党を組み、日々喧嘩を繰り返していた彼らのもとに、ある日1人の新入りが入ってくる。そして時同じくして冷酷な看守長が赴任してきたことをきっかけに、刑務所内である事件が起こってしまう…。

この日舞台挨拶に登壇したのは、劇中で“赤房”のメンバーを演じたSixTONESのジェシー、京本大我、高地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹。“青房”のメンバーを演じたSnow Manの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大輔。“黒房”のメンバーを演じたなにわ男子の西畑大吾と先日Snow Manに加入した向井康二、関西ジャニーズJr.の室龍太、正門良規、小島健。そして「超高速!参勤交代」シリーズや『空飛ぶタイヤ』(18)で知られる本木克英監督。

深澤、田中、室の3人がMCを務め、和気あいあいとしたムードの中で一人一人が自己紹介の挨拶をしていく。そしてジャニーズにとって重要な舞台劇が映画化されると聞いた時の心境について、深澤から指名された高地は「初代ジャニーズの頃からやられてきた作品。歴史ある舞台に名前を残せるということで、お話をいただいた時うれしかった」と振り返り「この映画をやれてよかったです!」と100点満点の回答。

その後も舞台時代の裏話や、映画冒頭8分に渡るワンカット撮影のシーンの思い出話、さらに劇中で共演した事務所の先輩である横山裕(関ジャニ∞)と戸塚祥太(A.B.C-Z)について語っていくメンバーたち。最後に各チームを代表して1人ずつマイクを取り、岩本は「ジャニーさんの愛がたくさん詰まった作品。世代を超えていろんな人に愛される作品になってくれればと思います」と語り、西畑は「老若男女問わず愛される作品。“#少年たちエモい”で拡散してください!」と呼びかけ、ジェシーは「ジャニーズの素晴らしさが詰まっているので、ぜひみんなで広めてください!」と力強くコメントした。

ライブパフォーマンスでは総勢62名のジャニーズJr.が集合した
ライブパフォーマンスでは総勢62名のジャニーズJr.が集合した

また舞台挨拶が始まる前には、上映終了と同時にサプライズでライブパフォーマンスが行われ劇中で流れる楽曲を含む11曲が披露。ここには舞台挨拶に登壇したメンバー以外にもTravis Japanの宮近海斗や7MEN 侍の中村嶺亜やHiHi Jets、美 少年、5忍者や少年忍者、ジャニーズJr.研修生らも参加。会場に詰めかけたファンから黄色い歓声が湧きあがる。そしてさらに舞台挨拶終了後にも「延長したい人!」という呼びかけと共にアンコールライブが始まり、会場が一体となって名曲「勇気100%」を大熱唱。ライブ会場さながらの熱気に包まれた。

取材・文/久保田 和馬

関連作品

  • 映画 少年たち

    5.0
    70
    ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が企画・構成・総合演出を務める舞台を映画化