• NEWS

EXILE・TAKAHIROが初の単独主演映画で無精ひげに!記憶を無くした難役に挑む

2019年1月30日 7:00

普段の華やかなイメージから激変!無精髭で素朴な印象のTAKAHIRO | [c]2019「僕に、会いたかった」製作委員会

EXILEのメインボーカルTAKAHIROが、映画『僕に、会いたかった』で単独初主演を務めることが決定。5月10日(金)より公開となる本作から特報映像が到着し、これまでの華やかなイメージから一転、無精髭を生やしたTAKAHIROの姿が解禁された。

本作は、島で一二を争う凄腕の漁師の主人公・池田徹(TAKAHIRO)が、12年前のとある事故をきっかけに記憶を失い、島の人々の優しさに触れるうちに、新しい自分を見つけ出すとう感動の物語。TAKAHIRO演じる主人公・徹を献身的に支える母親役には、NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の女優・松坂慶子。主人公・徹に寄り添う心優しい医師役には、名バイプレイヤー・小市慢太郎。“島留学”で島にやってくる学生役には、ドラマ「コウノドリ」などの出演で話題を集めた若手女優・山口まゆ、映画『ソロモンの偽証 前編・後編』など話題作に出演した注目俳優・板垣瑞生など、フレッシュなキャストが集結した。

特報映像では、無精髭に漁師服姿のTAKAHIROが、記憶を失い12年間の“空白の時間”に戸惑いながらも、記憶を取り戻すためにもがきながらも懸命に生きようとする主人公・徹を熱演。徹を一番近くで献身的に支える母や、優しさあふれる島の人々との交流を通して、徹は“失った記憶”を取り戻せるのか。島根県隠岐島で撮影がおこなわれ、自然あふれる壮大なロケーションをバックに、人と人との絆やぬくもりを強く感じさせる特報となっている。

本作を手掛けたのは、中井貴一主演の『RAILWAYS-49歳で電車の運転士になった男の物語-』(10)や、『たたら侍』(17)など、島根県隠岐の島を舞台にした作品を多く手掛ける、錦織良成監督。さらに、「HiGH&LOW」シリーズをはじめ、数々の映像作品、舞台作品に出演する劇団EXILE所属の秋山真太郎が、プロデューサー兼共同脚本として参加している。

隠岐の島での撮影が初めてだと言うTAKAHIROは「豊かな自然に囲まれ、素敵なキャスト、スタッフの皆さんと共に、非常に思い出深い撮影期間を過ごせました」と撮影を振り返り、「大変なシーンもありましたが、地元の皆さんの多大なご協力のもと、心温まるすばらしい作品が出来上がったと思います」と作品の仕上がりに自信を見せた。

EXILEのヴォーカリストとして確固たる人気を誇りながら、記憶を失くした元漁師という難役に挑戦し、映画俳優としても新境地を切り開いたTAKAHIRO。満を持しての単独初主演となる本作に期待ができそうだ。

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース