• EVENT

『愛唄 ー約束のナクヒトー』舞台挨拶で口論!? 俳優陣の東映愛が炸裂

2019年1月26日 19:17

1月26日に新宿バルト9にて、映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』公開記念舞台挨拶が開催され、横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、川村泰祐監督、No title(あんべ、ほのか、ポチ)が登壇した。

“東映のロゴマーク”を手描きしたフリップを披露した飯島寛騎

本作は、人気ボーカルグループ、GReeeeNのヒット曲「愛唄」をモチーフにした青春ドラマ。人生のタイムリミットを告げられ、自暴自棄になった青年が、旧友との再会、そして、偶然見つけた詩との出会いを経て、再生していく。主人公の青年を演じるのは、俳優だけでなく、歌手としても活躍する横浜流星、そして、彼に生きる勇気を与える詩人の少女を清原果耶が演じる。

【写真を見る】清原果耶、横浜流星、飯島寛騎が登壇!

同イベントでは、映画のタイトルにちなみ、登壇メンバーが「愛しすぎてやまない“愛〇”」を発表。飯島は、「愛 東映」と“東映のロゴマーク”を手描きしたフリップを掲示し、「ふざけたわけではないんですよ(笑)。デビュー作も東映ですし、今回も東映ということで。スタッフとご縁があるなと思って。今後も東映さんに扱われたいですし、その声があれば期待に応えていきたいですし…」と、やや媚びた(?)コメントを発表した。すると、会場にいた関係者らは大喜び!

これに横浜が「僕だってその想いは負けない。僕は彼より前に東映にお世話になっているんですから!」とライバル心を燃やすと、会場からは大きな拍手が。ちなみに横浜は、初めて買ったCDもGReeeeNだということで「愛 緑(グリーン)」という言葉を発表し、清原は「空を見るのが好きで写真を撮ったりもしている」とのことから「愛 空」という言葉を発表した。

また、イベント後半には、GReeeeNのプロデューサー・JINが絶賛するNo titleが、映画主題歌を生披露し、清原が感極まった様子に。「以前、ほのかさんと対談した時に、(清原の役どころの)凪の気持ちに寄り添って、凪の目線で歌ってくださっているというのをうかがっていたので、それ以来、凪の目線で聞くようになって。いま、演奏していただいて…。いやあ、うれしいです…」と言葉を詰まらせながら、演奏の感想を述べていた。

最後に横浜は「GReeeeNさんの伝えたいメッセージがたくさん詰まった映画。実際に僕もそのメッセージを受け取って、親に感謝の言葉を伝えたり、毎日を後悔しないように生きていこうと思えるようになりました。皆さんにもいろんなメッセージを受け取ってもらえたら」と会場に呼び掛けて、イベントを締めくくった。

取材・文/平井あゆみ

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「愛唄」製作委員会| [c]朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT| [c]2019「小さな恋のうた」製作委員会| 撮影/黒羽政士 スタイリスト/井阪恵(dynamic)  ヘアメイク/面下伸一(FACCIA)| [c]2019「愛唄」製作委員会